ホーム > 好きな人がいること > 月9ドラマ「好きな人がいること」6話視聴率は8.3%!大きな波乱もなくスピーディー!先が気にならないのが残念

月9ドラマ「好きな人がいること」6話視聴率は8.3%!大きな波乱もなくスピーディー!先が気にならないのが残念

月9ドラマ「好きな人がいること」6話視聴率は

8.3%

でした。


もっと視聴者をじらしてくるのかと思いましたけど。
かなりスピーディーでした。

次男がほんとうの兄弟ではないというのが簡単に判明。
店も、のっとられそうになっているのが判明。

いっぺんにつぎ込んできました。
まぁ恋愛のほうは、次男のほうで決まりそうですからね。

長男が、ヒロインを気にしているようでしたけど。
もうないでしょ。



それほど先が気にならない

悪くないドラマだったのですが、それほど先が気にならないです。
別に本当の兄弟ではなくても、別にいいと思います。

店がなくなっても、断続しても別にどーでもいいですし。
それほど登場人物たちに感情移入している視聴者も多くないように思います。


ドラマのストーリーは悪くないのですが、登場人物はそれほど魅力的ではないので
不幸があっても、別にどーでもいい感じです。

そうなってくると悪役がもっと悪役っぷりを発揮しないといけないのですが。
おっさんはあくどいのですが、まぁ結構あっさりしていますからね。


よっぽど、1話のヒロインの作ったものを叩いて床に落とした次男のほうがあくどかったです。
まぁだからおもしろかったのですけど。

悪役バージョンが一瞬で終わってしまったので、ダメでしたね。
次男はもっと、ヒロインに対して悪役で、最後の最後で好きになるってパターンのほうがよかったのでは?
[ 2016/08/26 02:37 ] 好きな人がいること | トラックバック(-) | コメント(-)