ホーム > ようこそ、わが家へ > 月9「ようこそ、わが家へ」7話視聴率は13.4%!8話視聴率は13.2%

月9「ようこそ、わが家へ」7話視聴率は13.4%!8話視聴率は13.2%

月9「ようこそ、わが家へ」7話視聴率は

13.4%

8話視聴率は

13.2%

でした。



【簡単なあらすじ】

7話、リベンジポルノをやっていたのは彼氏ではなく
妹の友達の女性だった。
盗聴器の1つはこの女性の仕業だったもよう。

8話、空き巣&盗聴をしていたのは陶芸の先生だった。
盗聴器の1つはこの陶芸の先生の仕業だった模様。

ただ他にも犯人がいるようで、陶芸教室にかよっていた女性が
あたしん家に遊びに来て、お兄ちゃんが母に「あぶない!」と
電話したところで終わりました。




盗聴器しかけすぎでしょ!
今の人たちは、余裕で盗聴器を購入できるの!?
今の人たちは、一家に一台盗聴器を持っている時代なんですか!?


ストーリーは視聴者の予想したとおりの展開だったと思いますが
だからこそおもしろいように感じます。

というか、どちらも怪しい人の近くにいた人が犯人ということで
登場人物の少なさもあいまって、わかりやすかったと思います。

一番怪しい人が犯人ではなくて、一番怪しい人の近くにいた人が犯人みたいな感じですね。


この家族は

多くの人に恨まれている

わけで、ある意味すごいですね。
恵まれた家族というか、セレブというか、なんか勝ち組っぽい家族だから
イライラする人もいるのかもしれませんね。

でも、なんか思いますけど、やっぱりこの家族はずるいですよ。
普通だったら、ぶるってしまいそうなことでも

主人公家族だから大丈夫

みたいな変なバリアに守られている感が強すぎます。


しょうがないことなんですが、前も話しましたが
お兄ちゃん役の相葉くんが刺されたときも

視聴者の1人でもそこで相葉君がリタイヤと思う人はいなかった

と思います。

というか、元から家族が狙われていますけど、はじめからどこか緊張感がなかったですよね。
そこも今となってはよかったのかもしれませんが…。

やっぱり視聴者をもっと食いつかせるためには

佐野史郎が陶芸の先生をやらないとダメだった

気がします。
盗聴して、佐野史郎がもっと「ぐふぐふ」笑ったりしていれば
いい感じだったと思うんですけど。
[ 2015/06/04 23:05 ] ようこそ、わが家へ | トラックバック(-) | コメント(-)