ホーム > デート~恋とはどんなものかしら~ > 月9「デート~恋とはどんなものかしら~」6話の視聴率は11.6% 視聴率は以前伸びず

月9「デート~恋とはどんなものかしら~」6話の視聴率は11.6% 視聴率は以前伸びず

月9「デート~恋とはどんなものかしら~」6話の視聴率は

11.6%

でした。

以前として視聴率は伸びず。
今回は長谷川博己が杏の家にいって、新年の挨拶をするというものでした。

長谷川博己が人との付き合いが苦手だというの以上に、杏の親戚がちょっとひどかったですね。
杏があんな感じになったのもなんとなくわかります。

でも、今回は杏が泣いていたシーンもあったりで
なんだかんだで杏も人間らしい一面があるということなんでしょう。

そりゃー、親が死んでしまったというのは悲しいことでしょう。
ドラマだからついつい軽視してしまったり
杏が母親の幽霊らしきものと会話しているから、混乱しますけど
母親が死んでしまったわけですからね。
そりゃーつらいでしょう。


最後の絵馬の願い事は
長谷川博己⇒結婚できますように
と、いいことを書いているのに、
杏⇒世界平和
ということで、やっぱり杏は杏でした。

いや、世界平和があっての結婚ですからね。
世界が平和ではなかったら、結婚どころではないでしょう。
だから、杏もただしいのでしょうけど…。
[ 2015/02/24 15:01 ] デート~恋とはどんなものかしら~ | トラックバック(-) | コメント(-)