ホーム > デート~恋とはどんなものかしら~ > 月9「デート~恋とはどんなものかしら~」2話のあらすじ&感想 杏がやや普通の女性になった?

月9「デート~恋とはどんなものかしら~」2話のあらすじ&感想 杏がやや普通の女性になった?

月9「デート~恋とはどんなものかしら~」2話のあらすじ&感想です。


【あらすじ】
杏のほうは父親と中島裕翔と好きでもないのに結婚するなんておかしいといわれて
デートで楽しんでくるといい、遊園地でデートすることにする。


長谷川博己のほうは杏と結婚してやしなってもらうために
友人たちといろいろと作戦を練り、今度のデートでプロポーズすることにする。


遊園地でデートする杏と長谷川博己。
長谷川博己は人ごみが苦手で倒れたりするが、がんばるといい
杏は遊園地にいたバカップルに、遊園地の楽しみ方を教えてもらおうとして
杏と長谷川博己はそのバカップルと一緒にいろいろと遊園地をまわることになる。


一方の中島裕翔は長谷川博己の身内調査をして
長谷川博己が働いていないことを知る。

そして長谷川博己が杏にプロポーズしようとしたところに
中島裕翔が登場して、長谷川博己が働いていないニートだという。

長谷川博己は本当のことをいおうと思っていたといい
さらに友人がプロポーズのダンスを設定していてくれて
そのダンス集団に混ざって杏にプロポーズする長谷川博己。


長谷川博己は働く気がなく、杏に養ってもらおうとする。
半分ヤケになっていて、頼むから結婚してくれみたいな感じになる。

杏はかなり冷めていて、「あなたと結婚したら父が悲しむ」と
ごく普通の女性の反応をしめし、長谷川博己をふる。


長谷川博己は友人と帰る途中、友人も
「(杏の)あんな言い方はひどい」みたいな感じで、
振られてよかったみたいな感じで長谷川博己をなぐさめていた。

一方の杏は帰り道、遊園地を一緒に回っていたバカップルが喧嘩をしていて
それを少しながめていたところで、エンディング。


【感想】

なんかもうヤケになっていて、ひどい感じがありました。
杏もなんで結婚しようとしているのかよくわからなく、なんか普通の女性のように感じました。

健康な男性ならそれでいいのでは?
やっぱりちゃんと働いてくれないと困るのでしょうか?

単に長谷川博己が母にたよりきりで、母のことをあまり考えていないから嫌だったのかもしれませんが
杏がかなり普通の女性になった感じで、ちょっとつまらなかったです。普通だったから。


長谷川博己のほうは、今回も変人っぷりがでていましたのでそれなりにおもしろかったです。
一緒にプロポーズのダンスに混ざっていたのはおもしろかったです。

杏にふられて友人の車で帰る途中、友人が
「いっぱい撮影されていたね」
「動画サイトに投稿されたりするのかなぁ」
と言っていたりして、自称高等遊民の長谷川博己はショックをうけていました。

まぁ高等遊民なのに、あんなはずかしいダンスをしたのですから
そりゃー、結構ショックでしょうね。


長谷川博己は母親に結婚するために「100万円貸してくれ」みたいなこともいい
今回もクズっぷりが目立っていました。

長谷川博己は今回もおもしろかったですけど
杏はかなり普通になっていて、ちょっと残念でした。


信長協奏曲もサブローが普通な感じになってつまらなくなったからなぁ。
なんかもう現代の高校生がどうとかではなくて
単なる性格のいい信長みたいになっていて、おもしろさが半減しましたからね。

このデートというドラマも杏と長谷川博己の2人が
普通の人みたいになったところでつまらなくなるように感じます。

普通に考えれば2人とも、そこまで結婚する理由はないと思うので
そりゃーうまくいかないでしょ。

でもそこが変人同士で、そこまで結婚する理由もないのに
結婚に行き着いたりしたらおもしろいと思ったのですが
杏はまだこのドラマが2話だということもあってか
空気を読んで長谷川博己のプロポーズを断っていました。

でも、別にプロポーズをうけていれてもいいですよね。
結婚して、子供ができたのなら杏はそれで満足なのでは?
1話ではそういうところがあった気がしますけど…。
[ 2015/01/27 01:15 ] デート~恋とはどんなものかしら~ | トラックバック(-) | コメント(-)