月9「信長協奏曲」3話感想!つまらなくなってきた 月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > 信長協奏曲 > 月9「信長協奏曲」3話感想!つまらなくなってきた

月9「信長協奏曲」3話感想!つまらなくなってきた

月9「信長協奏曲」の3話の感想です。

急につまらなくなってびっくりしました。
だって、現代の小栗旬とか別にどーでもよくなっているじゃないですか。
絆創膏がただ登場しただけで、他は特に小栗旬である必要もなく
単に信長もあんな感じだったのでは?
みたいな感じでした。

1話は、まぁ戦国時代の兄弟っておかしいみたいな感じで
2話は、親子ってもっと親しいみたいな感じで
現在人の甘さみたいなものがあってよかったところを感じましたけど
この3話は特に現代人が戦国時代にいったら感がなかったので
つまらなかったです。

ここまでつまらなくなるものだとは思わなかったというか
教科書があるのに、その教科書をあまり活用しないし…。

むしろ歴史の教科書があるんだから、それをもっと読み込めばいいのに
そういうのもせず

戦国時代を楽しんでいる

のは、大物すぎでしょ。
現代にもどったら、社長の器ですね。

と、そんな感じで信長協奏曲の3話は急につまらなくなってびっくりしました。
1話はかなりおもしろく、2話は1話と比べるとずいぶんつまらなくなったと思いましたが
この3話はびっくりするほどのつまらなさで、見所がなかった気がします。

今後が不安になってきました。
てっきり1話の緊迫感が続くのかと思いましたけど
もう3話にしてコメディ色が強い、ゆるーいドラマになりましたね。
女性にはこういう感じのほうがいいのかもしれません。

でも、もう先がぜんぜん気にならないというか
桶狭間の戦いといえば、織田信長の歴史でも人生を左右する一戦だったりするのに
こんなゆるーい感じで終わっていいのでしょうかね。

桶狭間の戦いがこんな感じで終わっていたら
今後の人生も楽勝でしょう!
[ 2014/10/27 23:15 ] 信長協奏曲 | トラックバック(-) | コメント(-)