極悪がんぼ9話感想 ハズレ回 月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > 極悪がんぼ感想 > 極悪がんぼ9話感想 ハズレ回

極悪がんぼ9話感想 ハズレ回

極悪がんぼ9話の感想です。

つまらねーよ!!

意味わからねーよ!
主人公が板尾と一緒に寺のおっさんをはめようとしたら
板尾に裏切られて、こんどはおっさん側について
おっさんの息子をはめていました。

は!?

主人公は、なんかいいように動くというか
板尾にはめられたから、今度はおっさんの味方とか
なんか都合がよすぎないか。

で、その後主人公と板尾の関係とかどうなったの!?
なんかよくわからないまま主人公側の勝ちみたいなふうに終わりました。
寺のおっさんの息子は警察に連れて行かれて
「はめやがったな!」
みたいな感じで主人公につっかかっていたんですが
そりゃ怒りますよね。

はじめは一緒に父親の寺のおっさんをはめようとしていたのに
急に寺のおっさん側についていたんですから。

そんな感じで、ハズレ回でした。
もう自分が視聴者に謝りたくなるようなデキでした。
「くやしいです!」の顔の人を出せばいいってものでもないだろ。
[ 2014/06/09 23:25 ] 極悪がんぼ感想 | トラックバック(-) | コメント(-)