極悪がんぼ7話感想 正義の味方事件屋がんぼと銀行 月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > 極悪がんぼ感想 > 極悪がんぼ7話感想 正義の味方事件屋がんぼと銀行

極悪がんぼ7話感想 正義の味方事件屋がんぼと銀行

極悪がんぼ7話は極悪がんぼ8話に続くというストーリーでした。
金髪の三浦の友人が、最強の金貸し銀行にいろいろされていて

正義の味方がんぼこと金髪の三浦が
友人のために銀行と戦う


というストーリーでしたが、友人は飛び降りてしまって
その奥さんが「わたしが夫の意思を引き継ぎます!」ということで
次回に続くというストーリーでした。

いつのまに事件屋がんぼが、正義の味方になったのかは知りませんが
いままでの極悪がんぼの中では一番良かったと思います。

銀行はやっぱり強いですね。
銀行は、まぁ一般市民からしたら
お金を預けられる安心できる機関ですけど
やっていることは、結局お金の貸し借りですからね。

いやあたりまえなんですけど。
利益がないと、なんでもやっていられませんよね。
公務員は国というか、国民の税金でやっていけるわけであって
そういうのがないのなら、商売をやってお金を稼がないといけませんからね。

金貸しのテレビCMが愉快な感じになっていますけど
そりゃー、お金を貸すときは愛想がいい感じかもしれませんが
あたりまえですが、お金を返さなかったらやばいわけで
まぁなんだ…。
あまり関わりにならないほうがいい機関とか多いのかもしれませんね。

まぁ銀行がなければ、給料の振り込みもありえないわけで
なんだかんだで、銀行というのは必要不可欠なわけですが
いまでは郵便局でさえも似たようなことをしていますし
あー、楽天でさえも、楽天銀行とかネットバンクがある時代ですし。

まぁそんな感じなんでしょう。

そもそも1人でもボランティアで商売をやっている人なんていませんよね。
そういう意味で、本当にボランティアとか参加している人は偉いと思いますが
そういうボランティアをしている人も
内心点をあげるためにやっているとかいう、見返りを求めていたりするので
なんだ・・・世の中そんなものなので、人は信用できませんよね。

募金とか頼むぐらいなら、お前が働いた金、全部募金にあてろよって思います。
ぼーっとデパートの前で「募金お願いしまーす」とかいうぐらいなら
バイトして、募金すればいいわけですが
まぁ、なんだ、人間なんていうものは、卑怯な生き物ですよね。
[ 2014/05/26 22:05 ] 極悪がんぼ感想 | トラックバック(-) | コメント(-)