ホーム > 海の上の診療所感想 > 海の上の診療所2話感想 松田翔太の存在意義がよくわからなくなってきた

海の上の診療所2話感想 松田翔太の存在意義がよくわからなくなってきた

海の上の診療所2話の感想です。 

松田翔太は武井咲のプリンを食べてピンチになりました。
どうやら武井咲はプリンに命をかけているみたいです。

松田翔太はプリンを食べたんですが
「プリプリしないで」とか「プリンプリン!」とかやって
武井咲にスリッパで頭を叩かれていました。

今回のゲストは篠田麻里子ですか。
こりゃー、視聴者は荒れそうですね。
AKB48ってAKB48が悪いんじゃなくて
そういう企画をしている上層部を恨むべき
だと思うんですけどね。
篠田麻里子はもうAKBではありませんけど。


いやぁ、普通に海の上の診療所って面白くないか?
見やすくて、自分は好きですけど。
そこまで夢中に見ることもないですけど
つまらないってわけでもないので、自分としては好きなんですが
前も書きましたけどドン★キホーテとかぶっているような。



展開は遠足に行きたい教師の篠田麻里子が
喘息で子供をまかせられないから危険だということで
保護者の反発で遠足が行けないという展開で
松田翔太が「ボクが一緒についていきます」ということで
遠足にいけるということになったという展開でした。

松田翔太は、この海の上の診療所のお決まりのストーリーなんですが
女性ゲストキャラに惚れて、いろいろアタックするという展開ですね。

で、篠田麻里子が松田翔太みたいな先生がいれば
病気のことを気にせず、島にいることができると聞いた松田翔太は
また「明日で船を下りる」宣言をしていました。

おいおい、さすがにこれを毎回すると飽きるぞ・・・。



  変わりがいないから、困るのでしょうけど
  単なるバイトだったのなら、「どうぞどうぞ」ですよ
やる夫あせ基本



医者ってなんだかんだで変わりがいないというかな
そういう点でわがままをいえますよね。

そりゃー、病院が混んでいても
ゆっくり食事をとったりする医者が多いわけですよ。
自分のプライベートを優先できるというかな
日本に限らず、この世では医者はわがままに生きれるのかもしれません。
もちろん、謙虚な医者もいるのでしょうけど。


松田翔太は遠足の日は、遠足なのに
「せっかくのデートだから楽しまないと」
とか言っていました。

そしてあーだこーだで
遠足にきていた子供の生徒が坂を転げ落ちて
それをみつけた篠田麻里子は子供を助けようとして
喘息が悪化して危険な常態になっていました。

その後、雨がふってきて
篠田麻里子が雨でぬれてしまうのですが

姿がひどくなってしまいました
篠田麻里子ファンは怒るのでは
一瞬でそのシーンは終わったのでよかったです。


武井咲は、なんか知りませんが
篠田麻里子に反発している子供の保護者に対してキレていました。
おいおい

こんなかんしゃく持ち看護師に採用するなよ

今は21世紀だろ?
このドラマは、ところどころ古いんだよなぁ。

でも、その保護者は武井咲にキレられて
篠田麻里子にお礼を言っていました。
なんだこの展開・・・。

この2話はちょっと茶番みたいな感じでした。
いや、今後が少し心配です。
松田翔太のフラれかたのパターンがそんなに多くないというか
今後さらに無理があるようなパターンがでてくるでしょ。



  島の女性にこだわる必要あるの?
?



え?今回の海の上の診療所2話はいまいちじゃなかったか?
特に松田翔太が大活躍というわけでもありませんでしたし。

というか、むしろ松田翔太って2話は
そこまで必要でもなかった
ような・・・。

1話目は、大手術みたいなことをして尊敬集めましたけど
2話目は、子供の刺さった木の枝を抜いたり
家のハウスダストでしたっけ?
それをみやぶったぐらいだったような。

もし部屋の壁紙みたいなものをはがして
異常なしだったら、どうするつもりだったんだろ。

今回裏番組にスポーツがいろいろ絡んでいたので
視聴率的にはきびしいかもしれませんね。
[ 2013/10/21 21:53 ] 海の上の診療所感想 | トラックバック(-) | コメント(-)