ホーム > ガリレオ視聴率 > ガリレオ8話「演技る(えんじる)vs狂気の女優!夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く…」視聴率は19.5% イケメン福山雅治のすごさなのか

ガリレオ8話「演技る(えんじる)vs狂気の女優!夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く…」視聴率は19.5% イケメン福山雅治のすごさなのか

ガリレオ8話
「演技る(えんじる)vs狂気の女優!夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く…」
の視聴率は

19.5%

でした。

自分的に蒼井優は好きではないんですが
ちょっと気になる女優だったりするので
今回は福山雅治以上に蒼井優のほうが目立っていた気がします。

福山雅治が変人だといわれていますけど
蒼井優のほうが、よっぽど変人な気がしました。

そして相変わらずの吉高由里子の普通っぷり。
福山雅治がいないところでは、吉高由里子の個性が目立つのですが
福山雅治と一緒にいると、やっぱり福山雅治のほうが一枚上手で
そんな福山雅治も、今回の蒼井優と一緒にいると
蒼井優のほうが一癖あるような気がしました。

そして、蒼井優が罪をみとめて
刑務所からでてきたときのことを楽しみにしている様子をみて
福山雅治も少し頭にきているようなところがありましたね。

なんかそんな人の演技はみたくないと
科学者らしからぬ、ちょっとした感情論(?)みたいなことを言っていて
やっぱり、福山雅治も蒼井優のあの態度には
少しイライラさせられたのかもしれません。

と、そんな感じで視聴率は19.5%と
20%にはとどきませんでしたけど
最後のシーンだけはよかったです。

イケメンvs役者
みたいな感じがよかったです。
どっちとも、一般の人からしたらうらやむ存在ですが
そういう存在同士は、相性があまりよくないのかもしれません。



  あー、はいはい
  非凡な才がある人どうし勝手にやってください
思う基本



【ガリレオ8話感想記事はこちら】
ガリレオ8話「演技る(えんじる)vs狂気の女優!夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く…」感想 イケメンvs演技派 



ただ、蒼井優ってこのガリレオのドラマの中では
それほど地位が高い役者というわけでもなかったみたいで
そういう点では、あがいたところがあったと思います。

まぁ福山雅治ってやっぱり名のしれた人らしいですし
警察も福山雅治に頼ってばかりですからね・・・。

このドラマ自体福山雅治のキャラで成り立っているドラマだと思いますし
認めざるを得ないですよ。
イケメンと、その存在感に!

やっぱり、一番はイケメンというか
そういうものが必要なんでしょうね。
もちろん、イケメンなだけではダメなんでしょうけど。

人柄なんでしょうねぇ。
この福山雅治が演じている湯川という役も
結構高慢なところがありますけど、視聴者的には
それほど嫌悪感を抱くことはないですからね。

むしろ吉高由里子のほうに、なぜか「うざいな」ってことを思うわけで
やっぱりいくら顔がよくても、その身振りっていうかな

演技

のところも重要なんだと思います。
そういうところで、今回のガリレオ8話をみていて
「顔&演技」この2つができてこそ
最高に恵まれた環境を作り出すことができる

のだと思いましたとさ。

でも、そう思ったら一般人にも活路はあると思います。
いくら、顔が悪くても、演技はある程度できるでしょ。
といっても、顔が悪すぎると
「なにたくらんでいるの?」となぜか疑われるわけですけどね。

やっぱり顔かぁ。
[ 2013/06/04 13:20 ] ガリレオ視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)