ホーム > ガリレオ感想 > ガリレオ7話「偽装う(よそおう)壁を抜ける!?天狗伝説殺人事件!」感想 渡辺いっけい回

ガリレオ7話「偽装う(よそおう)壁を抜ける!?天狗伝説殺人事件!」感想 渡辺いっけい回

ガリレオ7話
「偽装う(よそおう)壁を抜ける!?天狗伝説殺人事件!」
の感想です。

今回は15分拡大放送ということで
裏番組の渡る世間は鬼ばかりとの勝負になりますね。

まぁ渡る世間は鬼ばかりのほうが落ち目というか
もうあれはおばさんがたも見限っていたりしますからね・・・。
むしろ、ガリレオからしたら、視聴率の稼ぎ時なのかもしれません。

このガリレオは一度視聴率が20%を切って
多くの人が、あーだこーだいいましたけど
再び視聴率が20%超えで、フジテレビも視聴者も
忙しいドラマな気がします。



  なんか今回は、トリックみたいな展開なような…
やらない夫基本あせ



今回はカラス天狗とか・・・トリックのほうで
そういうのをやりそうな・・・。

というか、今回吉高由里子はでるの?
あ、登場しましたね。
領収書の書き直しで、福山雅治に用事があるらしく登場したんですが
福山雅治がいなく、その生徒に領収書の書き直しを依頼して
ニコニコしていました。
今回は吉高由里子の出番はもうなさそうだなぁ。



  このガリレオで賛否が分かれていた吉高由里子ですから
  あまり出番がないほうが、見やすい人もいるかもしれません。
やる夫基本



吉高由里子の出番は少ないながら
今回は渡辺いっけいの出番がかなり多いです。

むしろ、福山雅治と渡辺いっけいのコンビのほうが
視聴者的にはみやすいのかもしれませんが
それでは、あまりにも華がないというか
スポンサー的には納得しないのかもしれませんね。

それにしても展開が

トリックすぎるでしょ!

テレビ朝日でやっていたトリックですね。
仲間由紀恵と阿部寛のやつ。
カラス天狗とか、まさにトリック系の展開なような。
ひどいは、殺害現場に「鴉天狗」と文字が書かれていたということで
ひどすぎるでしょ!
なにが悲しくてカラス天狗アピールをそこまでしないといけないの!?

それにしても警察は相変わらずの無能すぎというか

福山雅治に頼りすぎ

でしょ!
もういい大人でしょ!?



  こりゃ、警察無能すぎるでしょ!
  笑止千万
    ゆうちゃんの一件も・・・





口止め




ネタバレになりますがその後はいろいろやって

自殺

ということで解決でした。
ガリレオには、そういうあっけない真相っていえばいいでしょうか
そういうのが多いような気がします。



  悪くはないし、他にはない結末だと思うんだけど
  なにかがすっきりしないんだよなぁ・・・
思う基本



ということで、どうもガリレオというドラマは
自分にとっては、あまりハマれないドラマで困ってしまうわけですが…。

うーん。
警察の調べで、わかることなのでは?
今回も別に福山雅治の力を借りなくても
警察のほうでわからないといけないことなのでは・・・。


なんだろ、福山雅治はたしかに格好いいんですけど
福山雅治の人間的なところが格好いいわけであって
別に科学者として格好いいわけではないような気がするので
そこがなんかハマれないのかなぁ。

というか、ほんとみんな福山雅治の科学的な実力をみているのか?
むしろ、外見というか、そのひととなりみたいなものを認めているのでは?
あ、ドラマの脇役たちのことですね。
やっぱり世の中はイケメンの勝利ってことなのかなぁ。
才能はその後みたいな感じっていえばいいかな。
[ 2013/05/27 22:04 ] ガリレオ感想 | トラックバック(-) | コメント(-)