ホーム > ガリレオ感想 > ガリレオ6話「密室る(とじる)vs女性科学者!!空白の20分の殺人術」感想 悪くないんだけど、引き込まれない

ガリレオ6話「密室る(とじる)vs女性科学者!!空白の20分の殺人術」感想 悪くないんだけど、引き込まれない

ガリレオ6話
「密室る(とじる)vs女性科学者!!空白の20分の殺人術」
の感想です。

ガリレオ5話で視聴率がついに20%を切ってしまったわけですが
前評判が高かったので、いろいろ言われてしまっていますが
実際視聴率20%超えとか、すごいことでしたし
17%台だって、高い部類なんですよね。

今回再び視聴率が20%にもどるかもしれませんし
相変わらず、福山雅治のキャラはみていておもしろかったりしますし。

たしかに第1シーズンと比べると、ややマンネリというか
いまいち福山雅治の実力の発揮場所がまだないような・・・。

もうちょっと福山雅治の格好いいところをみせて!

といったところでしょうか。


ガリレオ6話のゲストは夏川結衣ということで
夏川結衣ってなんていうか・・・
歳をとったような気がします。

昔のほうが、いい年齢の美人さんって感じでしたけど
いまだと、ちょっとまんまおばさんみたいになっているような。
このガリレオでは、美人科学者ということですが
昔の夏川結衣のほうが、ぴったりだったと思います。

吉高由里子、胸大きくなっていないか?
普段着の服越しの胸が大きかったような・・・。
スーツ姿だと、むねの大きさは目立たないんですが
今回のガリレオの普段着姿の吉高由里子の胸が結構大きかった感じで驚きました。



  吉高由里子って、胸とか大きい女優だっけ?
?




そんなことを思っていたら、なんか福山雅治と吉高由里子の2人で
視聴者おいてけぼりの展開に進展していました。

それでも、福山雅治は絵になるので
視聴者がなにをやっているのかよくわからなくても
ずんずん道を突き進んでいく福山雅治をみるだけでも
おもしろかったりするところはあるんですよねぇ。

おかしいと思うのは、吉高由里子が
福山雅治におんぶにだっこすぎじゃね?
福山雅治の強力がないと、事件の解決はきびしいみたいなことを
吉高由里子という刑事が思っているって、問題なんじゃ。



  月9の警察はみんな無能すぎでしょ
やる夫怒る基本




鍵のかかった部屋といい
ビブリア古書堂といい、このガリレオといい
警察側が無能すぎるというか
警察以外の手を借りすぎというか・・・。



  まったく私事なんですが
  ガリレオは前評判が高すぎて
  このブログにぜんぜん人がこないんですよね
やる夫基本



やらない夫基本あせ
  (こいつ、記事を手を抜く気まんまんだ)




ガリレオって前評判が高かったし
第1シーズンのほうも、同じタイトルで放送されていたので
ガリレオの感想を書いているブログとか多いですし
どうしても、このブログに人がこないんですよね。

だから、まぁこのガリレオの放送中は
自分的には、休憩的なシーズンだと思っています。

変なタイトルのドラマというか
原作が月9オリジナルのドラマのほうが
結構訪問者は増えるんですよねぇ。

このガリレオは、びっくりするほど訪問者がこないわけで
自分的には、もうガリレオはあきらめていたりしています。


ドラマの展開的にも、どうしてもそこまで夢中になれないので
別に悪いドラマではないと思うんですが
やっぱり他でいろいろ取り上げているから
なんか自分的には、冷めてしまうところがあったりするのかもしれません。


話をもどしてガリレオ6話は、普通でした。
ガリレオのドラマって、どうも普通な展開が多いというか
製作側の自己満足になってしまっているような。

いや、ストーリーとかではなくて
福山雅治とか吉高由里子も、ドラマにフィットしているのではなくて
みんな浮いてしまっているような気がします。

見ているほうも、引き込まれるようで引き込まれないというかな。
そんなドラマだと思いますね。
気がついたら、終わっているというかな。
そういう点では、良いドラマなのかもしれませんが

つっこみどころがあまりないドラマもつまらない

のかもしれませんね。
[ 2013/05/20 21:51 ] ガリレオ感想 | トラックバック(-) | コメント(-)