ホーム > ガリレオ感想 > ガリレオ5話「念波る(おくる)距離200キロの目撃者!双子の神秘」感想 福山雅治はもう普通に操作協力すればいいじゃん

ガリレオ5話「念波る(おくる)距離200キロの目撃者!双子の神秘」感想 福山雅治はもう普通に操作協力すればいいじゃん

ガリレオ5話
「念波る(おくる)距離200キロの目撃者!双子の神秘」
の感想です。

今回は双子の謎を科学で解明するという展開で
テーマ自体はおもしろいのではないでしょうか。

ただ、福山雅治は今回の双子は科学的に説明できるということで
あまり興味をそそられないらしく
捜査に協力をする気にならない福山雅治だったんですが
姉が襲われたとき、妹が犯人の顔を見たとかいうことで
そこに興味を引いて、捜査に協力する気になった福山雅治でした。
もうなんでもいいじゃん。



   めんどくさいから、興味惹かれなくても
   捜査に協力してやってくれよ
笑止千万




その後はなんかゆるーい展開でした。
今回は犯人がそうそうにわかり
なぜ双子の妹は犯人の顔が浮かんだのかそれの謎を確かめるって感じで
あくまでも殺人未遂事件がどうのこうのではなく
今回は双子のテレパシーの謎にせまるという内容ですね。

あ、なんか犯人は2人いるようで
1人は簡単にわかったんですが、もう1人を双子のテレパシーで
追い詰めていくという展開みたいです。

でも、今回の犯人の一人が意味不明というか
襲われた双子の姉の夫が犯人の1人だったんですが
その双子の姉の息の根を止めようと、やけくそになっていました。
ひどすぎ・・・。



  旦那さんの息の根をとめようとする行動が
  あまりにも原始的でやばい
やる夫基本驚く




鼻を口をつまんで、息をできなくさせていました。
で、そこに福山雅治と双子の妹がはいってきて
「なにしているんですか?」といわれて旦那がいった言葉が

キスしているんだよ!

と言っていました。
・・・そういう趣味の人か。


で、今回

福山雅治がはったりで勝負

していました。



  福山雅治の科学者らしいところが
  最近ぜんぜんでていないような・・・
やる夫あせ基本




【ガリレオ関連製品一覧はこちら】
ドラマガリレオ関連製品一覧




福山雅治はもう捜査の途中で
双子のテレパシーとか信じていなくなって
「あの双子に同情したから捜査に協力した」
と言っていました。
だから、もうなんでもいいから捜査に協力すればいいんですよ。

わざわざ、科学的に証明できないことがあって
それに興味を示して捜査に協力とかどうでもいいのでは・・・。

最後は双子のテレパシーをみせつけられて
「実におもしろい」と驚いた顔で福山雅治がいって終わったんですが
いやだって福山雅治って、世間でも結構有名な人なんでしょ?
それだったら、事件の前から福山雅治(ゆかわ)を知っていた可能性だってあるわけで
そう考えたら、説明できたりすると思うんですけど・・・。
まぁそんな偶然なんて、ほとんど可能性がないわけでありえないのかぁ。
[ 2013/05/13 21:52 ] ガリレオ感想 | トラックバック(-) | コメント(-)