ホーム > ビブリア古書堂の事件手帖視聴率 > ビブリア古書堂の事件手帖9話の視聴率は11.5% 視聴率は上がったが、それでもまだ低いと思う

ビブリア古書堂の事件手帖9話の視聴率は11.5% 視聴率は上がったが、それでもまだ低いと思う

ビブリア古書堂の事件手帖9話
「タヌキとワニとイヌが出てくる、絵本みたいな本」の視聴率は

11.5%

でした。
視聴率はまえと比べたらあがりましたけど
それでもまだ低いと思います。

でも、もしかしたら視聴率一桁にいくかもしれないなぁ・・・
と思っていたので、視聴率一桁にはいかなくてよかったです。
もうそろそろ最終回が近づいているということで
おそらく後2回の放送だと思うので
来週耐えれば、最終回は大丈夫なのではないでしょうか。
おそらく最終回は放送時間延長はないでしょうね。

認めん

自分はなんどもいっていますけど
このビブリア古書堂の事件手帖は5話ぐらいから
結構おもしろいと感じていたりしています。

4話までは、なんかイマイチに感じていましたけど
5話ぐらいから、おもしろくなかったか?

学校で万引きした女性が実際は万引きしていなく
弱みを握られていたから、別の生徒の万引きの罪をかぶった
みたいなところのストーリーから
結構おもしろいと思ったんですけどねぇ。
ちょうどそのあたりから、視聴率が下がっているので驚きです。

今回のビブリア古書堂の事件手帖の9話も
本はどうでもいいとして、そのストーリー的なものは
まぁ悪くなかったというか、多くの人が好みそうなストーリーだった気がします。

なので、ビブリア古書堂の事件手帖の視聴率が低いというのは
剛力彩芽やAKIRAがどうのこうのではなくて

今の人たちは本を読まないから興味がでない

のでは?
実際のところ本のストーリーを詳しくしらなくても
鍵を握っているのは、まったく別のところというか
本の特徴だったりするので
本に興味がない人でも楽しいと思うんですけどねぇ。

なんで視聴率が低いのか、ほんとよくわかりません。
最近の月9の中でも、大人向けというか
落ち着いた感じのドラマに仕上がっているんですけどねぇ。




?




【ビブリア古書堂の事件手帖9話感想記事はこちら】
ビブリア古書堂の事件手帖9話感想!チェブラーシュカはしょうがないが、ワニのゲーナは印象に残るだろ




ほんとよくわかりません。
以前の月9はなんかドタバタ劇っていうの?
プライスレスはまさにそんな感じで
ラッキーマン的な感じで、即効性というの?
行き当たりばったりでうまくいったり、失敗したりみたいな感じでしたけど
このビブリア古書堂の事件手帖は、落ち着いた感じのドラマで
悪くないと思うんですけどねぇ。

実際これをドラマ化しようと思った理由は
結構いいストーリーだからだと思いますから
その判断は悪くなかったと思います。


これさぁ、原作と役者があまりにもかけ離れているから
視聴率が低いのではなくて
逆にライトノベルが原作だから視聴率が低いのでは?

だって、ネット民とか基本テレビみないでしょ。
そしてライトノベルって一般の人からしたらイメージが悪いというか
子供臭いイメージっていうの?
なんだかんだで、アニメって一部の映画アニメ以外は
子供向けのものっていうの?
そういうイメージはまだまだありますよねぇ。

だから、剛力彩芽やAKIRAがあーだこーだいわれていますけど
むしろ剛力彩芽やAKIRAって
ライトノベル原作ドラマの犠牲になったんじゃないかと思います。

まぁ最近はドラマの視聴率自体が下がってきているというか
テレビの視聴率が全体的に下がっているようなので
月9という昔でいえば、かなり注目度が高い時間帯のドラマであっても
10%の視聴率をキープできているのは、評価してもいいと思うんですけどねぇ。

やっぱりビブリア古書堂の事件手帖の最終回は
放送時間の延長はなさそうな気がするなぁ。
[ 2013/03/12 23:12 ] ビブリア古書堂の事件手帖視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)