ホーム > PRICELESS視聴率 > PRICELESS6話「日本一の貧乏社長、誕生!」の視聴率は18.1% 香川照之登場で重要な役だということがわかる

PRICELESS6話「日本一の貧乏社長、誕生!」の視聴率は18.1% 香川照之登場で重要な役だということがわかる

PRICELESS6話「日本一の貧乏社長、誕生!」の視聴率は

18.1%

でした。
あがったー!

イエーイ

このプライスレスって視聴率が
15%台と18%台が交互にくるので
次回は視聴率が15%台かなぁ。
16.9%
18.8%
15.2%
18.4%
15.7%
18.1%

と、こういう風に視聴率は推移しています。
まだ視聴率20%超えはないので、そういう点では
キムタクドラマとしてはやや不満が残っているのではないでしょうか。
平均視聴率的には今の時代なら高視聴率といえるのでしょうけどね。
やたらネット民の評判はいいプライスレスでした。


今回のプライスレス6話は簡単に1000万ゲットして
最高の魔法瓶をつくるところまではすいすいいったんですが

1個6万円の魔法瓶を売るのに苦戦する

という内容でした。
たしかにさがせば需要はあると思うんですが
広告をひとつもださないで、ただ電化製品売り場のところに
一個6万円の魔法瓶が置いてあるだけでは、だれも買わないというか

電化店に魔法瓶を買いにいく人自体少ない

のでは?
そういう点では、藤木直人って実際は正しいと思いますけどね。
プライスレスというドラマの中だから
藤木直人が失敗して、キムタクが成功するのが目にみえていますけど
実際のところは藤木直人のほうが社長の器であって
キムタクが社長になったら、借金だけ作って倒産になるような・・・

ドラマだからなんでもありですが
素に戻ると、藤木直人のほうが社員としては安心できるような・・・

で、最後は雑誌の売れっ子記事を書いている香川照之に
1個6万円の魔法瓶が目に止まって終わっていました。
いままでのゲストキャラと比べると
香川照之は結構大物的な感じがするので重要な役なんでしょうね。
なんかいままでのプライスレスのゲストって
お笑い芸人ばかりだった気がします。
その人たちはすぐにいなくなりましたけど
香川照之をつかうということは
それなりにプライスレスに関わってきそうですね。

次回予告ではすでに魔法瓶が売れていて

香里奈がキムタクに恋している?

は?

もう次回では、普通に魔法瓶が売れていて
運営みたいなものは軌道にのったみたいで
余裕ができて、「恋愛しちゃおうかな~」みたいな感じの予告でした。

認めん

ほんと世の中甘いというか、いくらなんでも

一個6万円の魔法瓶って売れないだろ

自分がいま使っているパソコンが6万円ぐらいですからね。
魔法瓶が1個6万円とか・・・。
しかも究極の魔法瓶とか言っていましたけど
がんばれば、他のメーカーも作れそうな感じが・・・^^;

これさぁ、ただ他のメーカーが魔法瓶の製造に力をいれていないから
現在では究極の魔法瓶っていっているのでしょうけど
マネされたら、すぐに類似品がでてきそうですけどね・・・。

楽天市場では魔法瓶が1500円~4000円ぐらいで販売されていて
4000円でも、結構高価な魔法瓶だと感じるのであって
一個6万円の魔法瓶が普通に売れて
「追加発注あるんじゃないの?」
みたいな感じで、笑顔になっていたキムタク一味はほんと

おめでたい

と思います。
そもそもお前ら(キムタク一味)だって、1個6万円の魔法瓶は
普通に考えたら買わないだろ・・・。
そもそも2日間もあったかいままでも
普通に考えたら24時間あったかいままなら十分なのでは?
なぜ2日間も同じ飲み物を保存しておかないといけないんだか・・・。




11月26日感想2




【プライスレス6話の感想記事はこちら】
PRICELESS6話「日本一の貧乏社長、誕生!」感想!キムタクの中で魔法瓶の株があがりまくり




6万円で性能がいいから売れるとしても

あれ、少し大きすぎないか?

たしかに究極の魔法瓶だとしても
あのサイズって持ち運びしにくすぎでしょ・・・。
だからどこかにもっていくよりも、家で使う感じかなぁ。
そう考えたら、ほんとどっかの業務用というか
仕事関係でしか使い道がないような気がしますね。

そもそも魔法瓶になにをいれるんだか・・・。
コーヒーとかなら、むしろ魔法瓶ではなくて
そこまで絶品のコーヒーとかがないといけませんし
いくら熱い状態を保てるとしても、その中にいれるものに
こだわりがある人ではないと、1個6万円はありえないと思います。

そもそも2日間も、そういった飲み物を放置しておくって
衛生上は大丈夫なの?
[ 2012/11/27 14:23 ] PRICELESS視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)