ホーム > リッチマン、プアウーマン感想 > リッチマン、プアウーマン11話最終回感想!イライラさせてくれる小栗旬と石原さとみ

リッチマン、プアウーマン11話最終回感想!イライラさせてくれる小栗旬と石原さとみ

リッチマン、プアウーマン11話
「最終回・君のもとへ…二人の未来」の感想です。

放送時間が延長されませんでした!

は?

視聴率が1回一桁になりましたからね。
さすがに後半の視聴率向上をしても無理だったかぁ。
今回裏番組に渡る世間は鬼ばかりのスペシャルがありますから
今回の視聴率は厳しそうな感じがあるので
放送時間を延長しなかったのは、案外よかったかもしれませんね。


相武紗季「あんたばかぁ?」
ではじまって、やすおかさん社長!?
最終回は序盤から飛ばしてくる、リッチマン、プアウーマンでした。

あんたバカぁ?

そして普通にあっている石原さとみと小栗旬。
石原さとみ「私は地球の裏側にいるので(小栗旬のことを)みてあげれませんけど・・・」
小栗旬「は?ぜんぜん笑えない」
そりゃ、笑えませんよね。
石原さとみは開始1分でブラジルに行くことを告げられていましたから^^;
それを開始から5分ぐらいで小栗旬に伝えていました。

小栗旬「ブラジル!たしかに笑えるな!そんな価値のある仕事か!」
どっちよ!?
笑えるのか、笑えないのかどっちよ!?

ここまでで5分ですよ!
たった5分間でここまですすみました。

放送時間延長してくれよ!

いや、5分でこんなにスピーディに展開するとかひどすぎでしょ!
もしこの5分見逃した人は、もうなにがなんだかわからないでしょ!

ついに井浦新が小栗旬と対面していました。
この井浦新ってなんだったんだろ。
この井浦新というより、遠野って人がなんだったのか本当に謎です。
小栗旬は井浦新に帰って来いといっていました。
そして、井浦新は土下座。

土下座2

井浦新はもうやり手の面影もなく
ただの髪の長くなった凡人というか
プライドもなにもないただのおっさんになってしまいました。

逮捕されてもプライド高く生きるのが井浦新なのでは?

ずいぶん簡単にプライドがなくなったものですね。
最後の最後まで小栗旬に噛み付いてほしかったです。
そんな逮捕されたぐらいで、土下座とか井浦新らしくない・・・。


石原さとみ「つらいんです!日向さん(小栗旬)のこと好きすぎてつらいんです」
・・・かまってちゃんの得意技でたよ。
あなたより私のほうが好きなんです。好きすぎてつらいんですアピール。

どうすれっていうの!?

前回から、好きすぎて小栗旬から離れて
結局小栗旬が石原さとみのところに行って

いつまでも小栗旬がちやほやすると思うなよ!

といっても、もうリッチマン、プアウーマンは最終回。
小栗旬は石原さとみのことを追っかけるしか選択肢はありませんよねぇ。
まさか、ここから石原さとみをあきらめて
井浦新のほうといい関係になるってことはないでしょうし。

小栗旬が井浦新に聞いていました。
小栗旬「好きすぎてつらいってなんだ?」
井浦新「あっはっは・・・笑ったの何ヶ月ぶりかな」


腐女子

井浦新に一発逆転あるか?
井浦新「俺は嫉妬したんだな・・・彼女に」
キタキタキタキタキター!!
一発逆転あるで!
というか、石原さとみがいなかったから
高確率で、小栗旬と井浦新の関係が深まっていたわぁ。

井浦新「好きすぎてつらいというのはな、お前の気持ちが知りたいということだ」
あーあ、井浦新アシスト役かぁ。

そして再び例のやすおか一味の3人がパーソナルファイルの
よくわからないアシストに登場してきました。
この3人と小栗旬がいればなんでもできるんだなぁ。
というか、もう最終回になるとみんないい人だな。

そりゃー、小栗旬のネクストイノベーションは
ソーシャルゲームをいろいろ扱っている会社なわけで
なんかいま調子にのって小栗旬が
「IT業者ってどうよ?」
みたいな感じでIT業界を上から目線で語っていましたけど
ネクストイノベーションはIT業者を語れるような会社じゃないから!
携帯ゲーム企業というかガチャ企業だろ!
IT企業と一緒にしたら、ほんとうにIT企業でがんばっている人怒るぞ。

小栗旬が最後に自分の会社が携帯ゲームメーカーなのを忘れて
なんか誇り高いIT企業みたいに言っていました。

それはない

そりゃさー、パーソナルファイルを作って
世間に評価された後なら、IT企業を名乗っていいと思いますけど
ネクストイノベーションはソーシャルゲームみたいなメーカーでしょ?
グリーやモバゲーみたいなところですよ。
そういったところが「IT企業」を名乗りだしたら
まぁたしかにIT企業だと思いますけど、ちょっとずうずうしくないか?

そりゃ、グリーモバゲーがいつまで持つのかといったら
疑問を持つ人も多いでしょうから・・・
だから楽天は、グリーがプロ野球参戦を否定していましたし
グリーはプロ野球を持ちましたけど
やっぱり出会い系とかの要素でつかわれていて
いまだにいいイメージはあまりありませんよね。
結局小栗旬は時代に恵まれたといえるんでしょうねぇ。

ネクストイノベーションの社員は
小栗旬がクビになったときは、小栗旬アンチが多かったのに
いまではみんな小栗旬信者みたいになっていました。
・・・なんだろ、このイラッとする感じは?

かけよるやらない夫


なぐりかかるやらない夫2


埋められるやる夫


このブログが視聴者の声を代弁しますけど。

ふざけてんじゃねーよ!

こんな会社経営がうまくいくはずねーだろ!
小栗旬がネクストイノベーションの社員の名前を読んで
お礼をいう小栗旬。
その言葉に涙する社員たち・・・。

やらない夫うぜぇ

なんだろこれ。
リッチマン、プアウーマン1話のイライラする感じがもどってきました。
今日で最終回でしたから、まぁもうみないとかもいえないんですけど
なんかだまされた感があります。


最後はネクストイノベーションのソーシャルを使って
石原さとみの居場所を追跡していました。
これ・・・違反行為じゃね?
まぁ結局多くの人が観覧できるものなんでしょうし
自分の会社のコンテンツみたいなものだから、みてもいいんでしょうけど・・・
え?これは、情報流出するのもわかる気がするわ。
むしろ、井浦新がなにもしなくても、普通に情報流出してたでしょ。


その後はいろいろあって小栗旬が石原さとみと空港で対面して
小栗旬が石原さとみに褒められようと、いろいろと報告していました。
そして石原さとみに「好きすぎてつらいってなんだ?」と聞いていました。

そんなもの厨2気分の発言に決まっているだろ

そんなことを聞くから石原さとみは怒り出しました。
そりゃー、厨2気分で言った発言を
後から持ち出されたら、誰だって怒ります
よ。

小栗旬「お前のことが好きだ、僕のそばにいろ」
といっていました。
この2人は

最後まで仕事を舐めきっていた

のでどうにかしてほしかったです。
小栗旬がクビになって、無一文になって
石原さとみからお金を借りて、デザートみたいなものを買っていましたけど
ぜんぜんお金の大事さとかわかっていないわ!




最終回感想




【リッチマン、プアウーマン関連商品はこちら】
リッチマンプアウーマン




・・・そういうわけでリッチマン、プアウーマンは終わりましたけど
なんかもやもやが残るような最終回でした。
いや、なんていうか月の恋人のほうが最終回の終わり方としてはマシだったような。

最後に小栗旬が再び勝ち組で終わるっておかしいというか
そもそも携帯ゲーム製作会社が勝ち組のまま終わるっていうのが
なんか気に食わないじゃないですか。

だから、もっと違うジャンルの会社・・・
ワンダーウォールでしたっけ。
そっちの会社で、そんな大きい会社ではないけど
多くの人に認められたような会社で落ち着くっていうほうが
視聴者的には納得できたんじゃないかなぁ。

結局仕事の中盤では、パーソナルファイルが
なかなかうまくいかなくて悩んでいたんですけど
最後のほうは、パーソナルファイルは

金さえあればどうにでもなるんだよ

って感じになっていたのも違和感がありました。
どうなんでしょ。
リッチマン、プアウーマンは謎の視聴率向上がありましたけど
最後に結構ずっこけた感があったような気がします。
でも、コテコテの終わり方といえばそのとおりなんですけど
1話と中盤の井浦新が裏切ったところ
そしてこの最終話だけみれば、他のところのストーリーとかいらなかったような。

別に石原さとみをやとって、例の女性から好感を得られなかったとしても
最終回をみていると別にどうでもよかった気がします。

いや、自分がいいたかったのは

こんなにみていてイライラするとは思わなかった

です。
普通にうまくいってハッピーエンドにすすんでいったんですけど
それがこんなにイライラするとは思いませんでした。
[ 2012/09/17 21:57 ] リッチマン、プアウーマン感想 | トラックバック(-) | コメント(-)