ホーム > リッチマン、プアウーマン視聴率 > リッチマン、プアウーマン6話の視聴率は8.9% オリンピックは終わったが振り返り番組が!

リッチマン、プアウーマン6話の視聴率は8.9% オリンピックは終わったが振り返り番組が!

リッチマン、プアウーマン6話
「消えた三千億円!そのとき君はいない…」の視聴率は

8.9%

でした。




やらない夫間

は?


認めん




オリンピックは終わったんですが
オリンピックの振り返り番組が裏で放送していましたから
その影響でしょうね!
自分もリッチマン、プアウーマンがはじまるまでは
その番組をみていましたから!つまらなかったですけどね!


というわけで、視聴率が

一桁

になってしまったわけなんですけど
今回のリッチマン、プアウーマン6話はおもしろかったです。

やっぱり株主総会にいた、あの自称無職のバイト君がよかったですね。
いろいろつっこみどころが満載でした。
まず、あの格好はないだろ。
しかも、おどおどするんだったら、手をあげて発言するなよ!
そして、なぜか自分の立場とかを語るバイト君。

「僕は無職です。あ、バイトはしています」

だれも聞いていないし、それは無職ではないから!
さらに謎な発言が続きます

「遊び感覚で200万円分株を買いました」

だれも聞いてないし!株主の人に馬鹿にされているし!
Mなの?馬鹿にされたいの!?
なんでだれも聞いていないことを話すの!?

しかもなぜか

小栗旬の心には響いた

みたいで驚きました。
小栗旬は、就職説明会みたいなときに
なんか若者を馬鹿にした態度をとっていた気がするんですが
株主が年配層だらけなときは、若者を支持するのかな?
なんかよくわかりませんでした。

ま、この世にはろくな大人がいないってことはわかりますし
実際株主は株価が下がって大損しているのだから
怒るのもわかりますけどね。
なんか小栗旬が謎でした。若者だから指示するとか違うと思いますし
ただ若者が小栗旬を指示していたから
小栗旬も若者を支持したって感じだと、なんかおかしいような。

そんなリッチマン、プアウーマンの6話でした。
視聴率は低かったですが、いろいろな意味でおもしろかったです。
ほんと石原さとみと相武紗季は邪魔というか

恋愛している場合じゃないだろ




8月13日感想2




【リッチマンプアウーマン6話感想記事はこちら】
リッチマン、プアウーマン6話感想 「僕は無職です。バイトはしています」




いま一番おもしろい番組が
リッチマン、プアウーマンだと思いますけど
たしかに鍵のかかった部屋のように
1話完結型も、気軽にみれますし、1話みのがしても
ぜんぜん影響がないところはいいと思いますが
こういう断続してストーリーが続いていくドラマは
やっぱり続きが気になってしまうものですよね。

1話の序盤はグリー・モバゲーみたいな携帯ゲーム会社の話とわかり
テンションが落ちましたけど
そこからは、まぁ変なところもいろいろありますけど
一応続きがどうなるのか、気になるような展開だと思いますけどね。

ただ、やっぱり謎が簡単に解けてしまっていますし
小栗旬がこだわっていた母の存在も
石原さとみから、すでに居場所がわかっているわけで・・・
もう少しもったいつけてもよかった気がしますが・・・

いや、でもそういったすぐにさわきちひろの偽名の謎が
とけちゃったところも
リッチマン、プアウーマンの意外性といえばそれもいいのかもな・・・
とは思いますね。

にしても副社長がノリノリでしたねぇ。
なんで後半に、石原さとみを口説き始めたのか不明です。
やっぱり小栗旬に石原さとみがぞっこんだったのをみて
小栗旬ではなくて、自分のほうが上だとみられたかったのかな。
どうみても、石原さとみが好きなようにはみえませんしね。
小栗旬を見返したくて、石原さとみにも迫ったのかなぁ。
でも、そんな小さなことをする器なのか!?
[ 2012/08/14 20:18 ] リッチマン、プアウーマン視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)