ホーム > リッチマン、プアウーマン感想 > リッチマン、プアウーマン5話感想 副社長が普通に裏切り?

リッチマン、プアウーマン5話感想 副社長が普通に裏切り?

リッチマン、プアウーマン5話
「あなたを支えたい…二人で迎えた朝」
の感想です。

今回のリッチマン、プアウーマンは
オリンピック真っ最中の放送ですが
裏番組に特にオリンピック関係の放送はないですから
視聴率に影響はそれほど出ないと思われます。

今回は小栗旬が例のパーソナルファイルの事前演習をおこなって
社員たちからは好評だったのですが、取締り役会の人からは
費用的に無理な話だから、やらないべきだと考えている人がほとんどで
小栗旬はかなり荒れていました。

・・・小栗旬が好き勝手できる会社ではないの!?

いままでの展開からは小栗旬が好き勝手やってそうな会社のイメージでしたけど
ここにきて

ちゃんとした展開キター!

いままで小栗旬が好き勝手できるようなイメージの展開はなんだったんでしょうかね。

一方相武紗季はストーカーというか
レストランのアンチ(?)みたいな人からストーカーされていましたね。
盗み見されて、ツイッターなのか、口コミサイトなのかわかりませんが
相武紗季がぐったりしているところをつぶやかされていました。

グリー・モバゲーの次はツイッターですか・・・
若者向けにアピールしているんでしょうけど
実際のところはグリー・モバゲーを半分馬鹿にしているような感じがありますし
ツイッターみたいなものも、陰の要素を描かれているので
これはこれでいいと思うんですけど、ハマり込んでいる人は複雑なのではないでしょうか。

なんか月9ってどちらかというと
大げさというか、ワイドショーみたいな感じっていうの?
大げさなスキャンダルとか、そんな感じの茶番劇みたいなものが多かったのですが
このリッチマン、プアウーマンは庶民の感じっていうの?
携帯ゲームとか、ツイッターといったソーシャルを扱っていて
庶民のコンテンツが多いというか、そんなところが見受けられますね。

副社長はなんか階段から突き落とされていました。
で、意識はあるようですが病院(?)で寝ていました。

そして、もうここからは説明がめんどくさいんですが
なんか片岡鶴太郎がでてきて
いろいろあるんですが・・・おもしろい場面がありました。

農家の人が、パーソナルファイルのことを
なかなか快く思っていなくて、石原さとみにもきつくあたって
自分の仕事に向かっていくんですが
その後姿をみて、小栗旬がミニトマトを石原さとみに渡して
「ぶつければ?」
みたいなことをつぶやいていました。

このドラマ、若者のことしか考えてないわー
もし50代以上の人がこのドラマをみていたら
ちょっといまのシーンはやばかったのでは・・・。

その後はパーソナルファイルがなかなかうまくいかなくて
小栗旬はムカムカしていて
石原さとみは、片岡鶴太郎からマスコットとかいわれて
歓迎会にさそわれて、酔っ払っていました。

・・・セクハラオヤジか!?

と思ったら、急に真剣な顔になって

「ひゅうがを一人にしてやれ!」
と石原さとみにつぶやいていました。
・・・実際の顔はできる男みたいなキャラのようですね。
片岡鶴太郎は・・・。

ありがとよ

いや、ほんと最近ぶっそうな話が多いから
もしかしたら、石原さとみを泥酔させて
いろいろする変態オヤジかと思いましたよ。
いやいやいやいや、月9ドラマでそんな変態がでてくるはずないんですが
一瞬、緊張してしまいました。

テヘッ

にしても、石原さとみと田舎はミスマッチだなぁ。
石原さとみって純情そうなイメージがあるので田舎が似合いそうですけど
やっぱり目とかすごくパッチリしていて
都会向きの顔というか、田舎のような素朴さがないというか・・・
石原さとみは口が注目されていますけど
目と鼻がすごく整いすぎじゃね!?

むしろ小栗旬のほうが田舎にマッチしているところがあるというか
小栗旬って実際は田舎者っぽい顔をしているような…。

話をリッチマン、プアウーマンに戻すと
石原さとみの応援というか、片岡鶴太郎がどういう感じだったのかを
小栗旬に説明して、小栗旬は落ち込んでいたんですが立ち直っていました。

なんか会社のほうでも、小栗旬のことを支持している
太った男性とかもでてきて、すべてがうまく回り始めていました。
いままですべてがうまくいっていなかったのに
急にうまく回り始めていました。

イエーイ

そんな中、なんか昔勤めていた社員とかよくわかりませんが
遠野とかいう人がいなくなったとかで
投資資金がなくなったために
小栗旬は自分の株を売るという展開になっていました。

相武紗季は小栗旬からトマトをもらって
「トマトがきらいな人でも食べれる料理を作ってあげる!」
とかいってだした料理がなんかイマイチそうで驚きました。
でも、小栗旬はうまいといっていましたけどね。
もうちょっとおいしそうなトマト料理を作ればいいのに!

相武紗季ってやっぱり主役になれない女性というか
とことん脇役な女性だと思います。
相武紗季が主役なドラマって「リバウンド」だっけかな?
そんな太ったり痩せたりする女性のドラマぐらいしかなかったような。

話をドラマにもどして、例のいなくなった遠野と副社長は
どうやら手を組んだというか
この副社長のほうがどちらかというと主導して
小栗旬をハメようとしていました。
いや、まだ事実がどうなのかは不明ですが
おそらくハメたんでしょうねぇ。
この副社長はずいぶんあっさり、しかも簡単に裏切りましたね・・・。
別に小栗旬をおとしいれなくても、この人も普通に独立すればいいのに。




8月6日感想




【リッチマン、プアウーマン関連製品はこちら】
リッチマンプアウーマン




それにしてもタイトルにあった
「あなたを支えたい…二人で迎えた朝」
ってなんだったんだろ?

別にそれほどいい雰囲気にもなっていないし
単に小栗旬を遠くから眺めていただけであって
あなたを支えたいって心の中で思っていただけなのかな?

片岡鶴太郎は謎キャラでした。
今後もでてくるのかは不明ですが
まぁでてくるとしても一瞬でしょうし
今回片岡鶴太郎のところにいきましたけど
別にパーソナルファイルの事業の前進になったとも思えないというか
いや、ほんとなんで片岡鶴太郎のところにいったんだろ。

このドラマちょくちょく脇役が謎というか
前も石原さとみが大学の教授に高級レストランで
待ち合わせをすっぽかされていましたしね。
[ 2012/08/06 22:00 ] リッチマン、プアウーマン感想 | トラックバック(-) | コメント(-)