ホーム > 鍵のかかった部屋感想 > 鍵のかかった部屋1話「佇む男」感想!佐藤浩市がおいしいところをかっさらう

鍵のかかった部屋1話「佇む男」感想!佐藤浩市がおいしいところをかっさらう

鍵のかかった部屋1話

佇む男

がはじまりました。
戸田恵梨香は「大切なことはすべて君が教えてくれた」依頼の月9ですね。
大切なことはすべて君が教えてくれたはずっこけましたから
この「鍵のかかった部屋」で、低視聴率の結果は避けたいでしょうねぇ。

前評判的にはこの鍵のかかった部屋は注目度が高いだけに
初回視聴率は大丈夫でしょうが、2話目からが本番でしょう。


ドラマ内容的には、5分ぐらい放送されましたけど
これまでは

意味不明

です。
サスペンス的なドラマは、ドラマ内で勝手にすすむからいやだわー。
本気でドラマをみないとストーリーがわからないドラマは
ドラマをみながら、こうやってパソコンで感想を書いている自分からしたら
ストーリーが意味不明になりがちですから
この「鍵のかかった部屋」というドラマは本気でみるタイプのドラマかなぁ。

昔はテレビも本気で見る人が多かったですけど
いまではテレビはなんとなく見る人しかいないんじゃないかなぁ。
でも、こういった推理系というか、サスペンスは視聴率が結構とれるみたいですから
テレビファンはおもしろいのかなぁ。


ストーリー的には、銀行の金庫に閉じ込められた佐藤浩市
どうやら、閉じ込められた日は金曜日で
次回の銀行が営業している月曜日まで金庫は開かないということで
あーだこーだなるみたいです。

別に月曜日に開くのならいいんじゃね?

と思ったのですが、そこに大野智が登場してなんかやっていました。
どうやら金庫の中は、酸素がそれほど多くないようで
金庫の中では深刻な感じになっていました。

んな、大げさな!

というか、酸素ぐらい入るようにしとけよー。
と思うんですが、金庫だからそういうものなのかなぁ。

大野智は戸田恵梨香に金庫を開ける説明を長々としていましたが
意味不明すぎて、戸田恵梨香は
「もういいです!」と話をさえぎっていました。
その後は、大野智が金庫をあけていました。

こういうのはわかりやすくていいですよね。
なかなかおもしろいです。
この鍵のかかった部屋は大野智がでてきてからおもしろくなりました。

はじめの5分はどうなるかと思いましたけど
この大野智のキャラがなかなかおもしろいです。
はじめの15分で視聴者は結構ひきこまれたのではないでしょうか。


よくわからないのですが

ノリで(?)

警備会社の大野智は密室殺人現場にいくことになりました。
なんだこりゃ?なんでいきなりいままで他人だった
警備会社の大野智がここまで同行しているのでしょうか。

しかも大野智のほうも結構ノリ気というか
めんどくさがっている様子はありませんでした。
密室殺人に興味があるのかな?

佐藤浩市は密室殺人現場にいくのですが
「自殺でしょ」といってそれで解決させようとするのですが
大野智はその現場でいろいろいじっていて
佐藤浩市の話は耳に入っていない感じでした。

戸田恵梨香は大野智から連絡がないから
まだ自殺だとは限らないといっているときに
大野智から電話が入り、警備会社にいく戸田恵梨香と佐藤浩市でしたが
警備会社の人は「榎本(大野智)はここにはいませんよ」といって
その言葉に驚く戸田恵梨香でした。

大野智は、なんか鍵ばかりの部屋にいて
そこで密室殺人の部屋の模型みたいなものをとりだして
そこの現場の状況を説明していました。

まんま推理ドラマだわー

自分的には推理ドラマとか、あまり好きではないのですが
これはある程度視聴率はとれそうだわー。
いままで推理ドラマみたいなもので、すべったドラマってあったっけか。

戸田恵梨香はなぜか
「あれはどうみても自殺ではないです」
と言い張っていて、なんでこんな性格なんでしょうか。
佐藤浩市は推理小説を否定していておもしろかったです。

戸田恵梨香はなんなの?
この1話で採用になって、なんかよく知りませんがはりきっていたのに
いまでは大きな顔して
「あと1日だけまってください!」
とか佐藤浩市に言っていました。


このドラマ視聴率はとれて、よいドラマなんでしょうけど
自分的には、なんかおもしろくないというか
推理ドラマ好きじゃないんだよなぁ。
推理ドラマだけではなく、コナンとか金田一とかも好きではないんですよ。
だから、どうもあまり楽しめないというか・・・。

戸田恵梨香がんばりすぎでしょー。
こんだけがんばったのなら、実際自殺だったとしても
他殺にして冤罪にできそうな勢いですよ。

戸田恵梨香も顔が劣化したような感じあるんですけど
自分の気のせいかなぁ。
化粧が濃くなった?

戸田恵梨香は子供の証言を元に、真犯人を見つけたと思って
突撃していたのですが、どうやら勘違いだったようで
怪しい目でみられていました。
戸田恵梨香はどうしても真犯人をみつけたいようで
そこまで真犯人を見つけようとするのはどうなのかなぁ。
冗談抜きで冤罪でもいいから、自殺ではないことにしようとしているような…。

この鍵のかかった部屋というドラマは大野智が主人公でも
一番目立っているのは戸田恵梨香ですね。

大野智「なんで気がつかなかったんだ」
大野智「これで密室は破れました」
大野智「それは、明日お話します」

もったいつけるわけですね。
佐藤浩市「なんで明日なんだよ」

たしかに!

さっさと話せばいいのに、めんどくさいんでしょうかね。
やっぱり状況が整っていないと、話したくない性分なんでしょうか。

で、いろいろ追い詰めていって、最後は

佐藤浩市

がおいしいところを持っていっていました。
まさかまさかの、なんちゃってキャラだと思っていた佐藤浩市が
最後の最後で真犯人を特定していましたね。




4月16日感想1




鍵のかかった部屋の1話の感想としては

よくできていた

といえるのではないでしょうか。
推理ドラマはあまり好きではありませんし
結局なにがなんだったのか、パソコンをいじりながらでは
ぜんぜんわかりませんでしたけど
よくできたドラマだという感じは受けました。

おそらく視聴者のほとんども、よくわからなかったけど
いいドラマだったんじゃないの?
って感じだと思うんですけど、どうなんでしょうね。
推理ドラマって小難しいイメージがありますから
見ていると、ちょっと頭がよくなったような気になりますから
きっとその影響なんでしょうねぇ。
[ 2012/04/16 22:08 ] 鍵のかかった部屋感想 | トラックバック(-) | コメント(-)