ホーム > ラッキーセブン感想 > ラッキーセブン9話「恋という名のワナ!」感想!松本潤のアクションシーンばかりだなー

ラッキーセブン9話「恋という名のワナ!」感想!松本潤のアクションシーンばかりだなー

ラッキーセブン9話がはじまりました。
今回は松嶋菜々子中心の展開になりそうです。
瑛太の再登場もあるのかなぁ・・・。

というか瑛太ってかなり主演なところがあったはずなのに
3話ほどまったくでなかったので、そういう点では

おもいきったことをしたドラマ

だと思いますね。
瑛太本人自体にもなにか事情があったのかなぁ。
ストーリーの展開上、瑛太を登場させないようにしたのなら
それってすごいことだと思います。


今回はストーカーに狙われた女性が依頼主のようですね。
松本潤は恋人役として、ボディーガードしていました。

松本潤が恋人役で依頼主の女性はうれしそうでした。
なんじゃこりゃー。
なかなかおもしろい展開になってきましたね。

松本潤はなかなかメガネが似合いますね。
こりゃー、メガネのCMくるかなぁ。

大泉洋は吹石一恵からメールがきていて浮かれていました。
この関係はこの一部ではうまくいかないんじゃないかなぁ。
ラッキーセブンに2部があるのかどうかは不明ですが・・・

今回は依頼主と松本潤の関係に注目って展開なのかな。
どうも依頼主は松本潤のことを気に入っているのかな?
なにか裏がありそうな気がします。

9話にきておもしろい展開を用意しているとは・・・
いいの!?
そろそろシリアスな展開にしないと最終回につながらないんじゃ…。

どうやら大泉洋は吹石一恵のパートのほうで
最終回の松嶋菜々子の父親の件での進展があるようです。
大泉洋もどうやら16年前の事件といわれている
松嶋菜々子の父親の一件についていろいろ調査していたようですね。

どうもこの依頼主は松嶋菜々子に用があるのかなぁ。
「社長さんは?」みたいなことをちょくちょく言っているような…。
うーん、やっぱり松本潤狙いなのかなぁ?
ラッキーセブン9話になって、おもしろくなってきたなぁ。

イケメンはお得だなぁ、とか思っていたら
エレベーターのところで、松本潤は突き飛ばされていました。
あれまー。役に立たないボディーガードだわー。
もうちょっとたくましくないと・・・。

吹石一恵は16年前の事件を調べていて、上司に怒られていました。
そりゃー、警察っていうのは組織が大事ですからねぇ。
吹石一恵のような馬鹿正直な警察なんていないと思うんだけどなぁ。

そしてここで大泉洋が16年前の事件と松嶋菜々子の父親について
いろいろ明らかにしていました。


松本潤のほうが適当な感じになってしまっていました。
この依頼主はやっぱり16年前の事件と関係あるのかなぁ。
うーん、なんか中途半端な展開になってしまいました!
このラッキーセブンってドラマは展開が中途半端によくなるところを
どうにかすべきだと思うんですけどねぇ。

よくわからないけど、依頼主と松本潤がキスをしていますし^^;
いや、意味不明でしょ。
松本潤にこの短時間で好意を持ったってことなの?

やっぱり例の依頼主は16年前の事件と関係していたようです。
ラッキー探偵社に忍び込むために、ラッキー探偵社に嘘の依頼をしたようですね。
松本潤はぼこぼこにされていました。

このラッキーセブン松本潤のアクションシーン多すぎでしょ。
探偵ってこんなに乱暴ごとがおおいものなのかな。
というかラッキー探偵社って狙われすぎでしょ!




3月12日




最終回は20分拡大放送で、予告で

瑛太

がでていました。
最終回まで瑛太がでないとは…ずいぶんお休みしていましたねぇ。
[ 2012/03/12 21:54 ] ラッキーセブン感想 | トラックバック(-) | コメント(-)