ホーム > ラッキーセブン感想 > ラッキーセブン6話感想!瑛太がいなくなってのラッキー探偵社の面々

ラッキーセブン6話感想!瑛太がいなくなってのラッキー探偵社の面々

ラッキーセブン6話なんですけど
今回から瑛太は一時お休み(?)とのことで
どういう展開になるのか注目ですね。

今回はラッキー探偵社に頼んでもいない出前の商品が
届いたところからはじまりました。
ラッキー探偵社はよく恨みをかう探偵社なのかな?
探偵というのは恨みを買いやすいのかもしれませんねぇ。

・・・どうも今回はかなりパワーダウンした感じがあるというか
だらだらした展開が続いているんですけど、大丈夫なのかなぁ。

6話ともう半分放送して、一度まったりした話を放送したのかな…。
ラッキーセブンはあくまでもラッキー探偵社の7人がメインだと思うので
一度一人ひとりの特徴を少し出す放送にしたのでしょうか…。
それでもやっぱりメインは松本潤ですけど・・・。

今回は松嶋菜々子や角野卓造といった
普段はどちらかというと脇役な人が目立っていましたね。

角野卓造から昔のラッキー探偵社について松本潤が聞いていたときに
仲里依紗から電話がきて、松本潤は仲里依紗とテレビにでるとのことです。
もう探偵とか関係ないストーリーですね。

角野卓造はなんかよくわかりませんけど閉じ込められてるし。
今回は特にメインな展開はない、ラッキー探偵社の日常みたいな感じ?
こういうのもいいかもしれません。

・・・展開的には意味不明で25分経過しましたよ!

どうやら松本潤は、テレビで探偵として甥っ子がファンの
真壁リュウにあって、どうも脅迫されているらしく
探偵の松本潤に依頼を頼んでいました。
真壁リュウは谷原章介で無駄にイケメンですね。

・・・その後もラッキーセブンをみていたんですが

しょーもないストーリーだなぁ

ラッキーセブンも今回は息抜きのストーリーにしたんでしょうけど…
あまりにも、ひどいというか…。
むしろはじめから、こういうストーリーにすべきだったのかもしれません。
今回はコメディ多めのストーリー展開でした。

最後は探偵に調査されていたと気づいた男が
ラッキー探偵事務所に乗り込んで、自分の調査書類を取り返しにくるのですが
松本潤とその男が乱闘騒ぎになっていました。

全体的に中途半端だなぁ!




2月20日

[ 2012/02/20 21:51 ] ラッキーセブン感想 | トラックバック(-) | コメント(-)