ホーム > ラッキーセブン視聴率 > ラッキーセブン4話「仕掛けられた甘いワナ」の視聴率は15.4%

ラッキーセブン4話「仕掛けられた甘いワナ」の視聴率は15.4%

ラッキーセブン4話「仕掛けられた甘いワナ」の視聴率は

15.4%

でした。
前回より微増ですね。
今回は完結しないで次回に続く展開でしたけど
内容としては結構良かったと思います。

急展開すぎてついていけないところもありましたけどねぇ。
そして最終回っぽい内容におどろきです。
すでにラッキー探偵社の存続の危機ですから!

次回で完結するのかなぁ。
もしそうなら、次回で最終回にしてもよさそうな気がします^^;

今回は瑛太を中心としたストーリーでしたけど
あまり瑛太はめだっていなく、それ以外のラッキー探偵社の面々が
よく描かれたいたのではないでしょうか。
特に松本潤はかなりいろいろ思っていましたねぇ。

最後は松本潤は瑛太と対面するのですが
瑛太はかなりニコニコしていましたねぇ。
まぁそんな顔しかできなかったのかもしれませんが・・・

視聴者的には展開がよくわからないので
次回どんな展開でも、別に驚かないというか
どういった展開にされても、「無理があるだろ」とも思わないというかな。

今回は盛り上がりましたけど、視聴者をちょっと置いていって
ドラマの中だけで盛り上がっているといえばいいでしょうか。
もうちょっとわかりやすい展開だとよかったのですが
簡単にいうと

瑛太が調査していた人の情報を雑誌社に売った

みたいな感じなんですけど、それ以上に
その対象の人が警察にとってはいろいろとやばいのかな?
警察の人が、ずいぶん怒った感じになっていますから
そこらへんのところをもっとわかりやすくしてくれるとよかったんですけどねぇ。

でも、探偵ってそもそも盗聴器とかも普通に使っていそうですから
そんなことをいっていたら、なんども警察のお世話になりそうというか…
そこらへんどうなんでしょう。

探偵は盗聴器を使いそうですけど、それって
ばれたらアウトって感じなのかなぁ。
ラッキー探偵社の事務所の中のものを警察にいろいろ持っていかれましたけど
そのなかに、カメラとか盗聴器とかもあると思うんですが・・・
うーん、普段探偵って盗聴器はしかけないのかな。

そんな感じでラッキーセブンがずいぶんシリアスな展開になりました。
自分としてはおもしろかったですけどね。
瑛太はなかなかいい奴っぽい役なので
後半はスカッとした展開にしてほしいです。




2月6日2




松本潤もなかなか熱いんですけど
このラッキーセブンというドラマでは瑛太のほうが
視聴者ウケがよさそうな気がしますねぇ。

あと大泉洋も今回は仲間思いなところをみせていました。
普段は、3枚目な感じですが、なかなか熱い男のようですね。
なんか空気読んでいない怒り方だった気もしましたけど^^;

ラッキー探偵社が休業中なんですけど
探偵やっていて、その職業って安定しているんでしょうかね?
なにかで職業を明記しないといけなくなったときに「探偵」って書くのは
少し恥ずかしいような気がしないでもないです。
[ 2012/02/08 21:18 ] ラッキーセブン視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)