ホーム > ラッキーセブン感想 > ラッキーセブン1話「新米探偵、女ボスからの初ミッション」感想 松本潤と瑛太の体が見せ場

ラッキーセブン1話「新米探偵、女ボスからの初ミッション」感想 松本潤と瑛太の体が見せ場

ラッキーセブンがはじまりました。
いきなり松本潤のベットシーンからはじまりました。

・・・これはずっこけそうな予感!
月9って近頃大人向けのドラマを放送したいのか
こういうのが多い気がします。

探偵事務所に乗り込んだ松本潤が松嶋菜々子と対面して
なんかすごく松本潤がキモイんですけど!
そんなキモイ松本潤を松嶋菜々子は
「ここで働かない?」
とかいって、探偵に誘っていました。

・・・もう月9にちゃんとしたストーリーは期待していないので
まぁまだ許せる範囲だと思いますが、1話からこれじゃあちょっと・・・
でも、はじまって10分で

これはコメディドラマなんだな

ということがわかったので、コメディならこの展開もありなのかも。
なんとなく、「HERO」っぽいドラマを目指しているのかな。
でもHEROより、コメディ色を強くしたドラマといった感じかなぁ。


松本潤が探偵になるまでの過程っていらなかった気がします。
はじめは探偵につけられて、その被害者(?)みたいな設定をなくして
そのまんま探偵に興味をもって入ってきたって感じでよかったんじゃないかなぁ。

松本潤が女性に対して強いから
そこを武器にした探偵になるから、やっぱり必要だったのでしょうか。

序盤は「えっ?」って思うようなストーリー展開でしたが
探偵の依頼が入ってからは、なかなか楽しめる内容でした。
・・・が!やっぱり設定がちょっとおかしいというか

展開がちょっと普通ではない

と思います。月9というか、ドラマってこんな感じだっけかな。
ストリートファイトみたいなところって、漫画の世界?

松本潤ははじめのほうはチャラチャラした男だったんですが
どうも女性には優しいというか、ドラマの主人公っぽい
正義感あふれるところはあるようですね。
なんだかんだで松本潤は主人公ですから、探偵事務所の中で
一番正義感あふれるというか、マジメな人になっているというか…
なんでいままでフリーターだったんだか^^;

大泉洋はいつもの独特の雰囲気でいましたけど
これが視聴者にどう映るかですよねぇ。
まぁ大泉洋はシリアス系の感じは似合わないので
このままコメディ的な人物でいってほしいです。
大泉洋にスポットがあたった回もでてくるでしょうけど
もし大泉洋がシリアスな雰囲気になったら、変な感じがありそうだなぁ。

松嶋菜々子は、重要な役なんでしょうけど
別に松嶋菜々子でなくてもいいような・・・。
やっぱり松嶋菜々子は主役かヒロイン役で際立つ存在かなぁ。


で、おそらくこのラッキーセブンの1話の見せ場というか
視聴者サービスだと思うんですが、瑛太と松本潤が上半身裸で戦うわけです。
金網デスマッチみたいなことをしていました。
これは女性の視聴者からしたらうれしいの!?

男も格闘技が好きな人もいると思うんですが
格闘技が好きな人がドラマをみるはずもないですしね。
どう考えても、女性の視聴者向けのサービスシーンですね!


・・・このラッキーセブンというドラマを総括をすると

気楽にみれるドラマ

かなぁ。
別にコメディというわけでもなければ
シリアスという感じでもないドラマなんで
つかみどころがないドラマなんですけど
こういった1話完結型の「HERO」みたいなドラマは
嫌いではないので、気が向いたらみちゃいますよね。

[ 2012/01/16 22:37 ] ラッキーセブン感想 | トラックバック(-) | コメント(-)