ホーム > フリーター、家を買う感想 > フリーター、家を買うスペシャル感想2 浅野温子がかつらをかぶって若い頃の役もやっていたような

フリーター、家を買うスペシャル感想2 浅野温子がかつらをかぶって若い頃の役もやっていたような

びっくりするシーンがありました。
浅野温子の若い頃のシーンがあったんですが
浅野温子がかつらをかぶって、若い頃の役やっていました。

無理があるでしょ・・・

普通若い頃の回想みたいな感じなら、似ているような役者をつかえばいいのに
めんどくさくなったのか知りませんが
浅野温子にかつらをかぶせて撮影とか、ひどすぎます。

あとは、竹中直人は相変わらず学歴みたいなものに弱かったですね。
というか、女性に弱いのか知りませんが、
二宮和也の友達が香里奈(女性)だとわかった瞬間態度がおかしくなっていました。

で、今回でもう続きはないでしょうからまぁこんな感じでよかったと思います。
別に今回の放送もなくてよかったと思いますけどね。
全体的に

みんないい人

みたいな感じで終われました。
うーん、まぁよかったと思います。
レギュラー放送していたときも、最後のほうはなんか変な展開でしたからね。

二宮和也の仕事風景とかほとんどでてこなくて
人間関係ばかりの内容でしたので、ちょっとタイトルとは逸れているような気がします。
どちらかというと、「フリーターのほうが楽だったなぁ」みたいな感じで
正社員の悩みみたいなものを焦点とした内容のほうが、おもしろかったと思いますけどね。

あくまでフリーター、家を買うって仕事についてだと思うんです。
たしかに毎週放送していた時も、どちらかというと
家族の温かさ
をメインに放送していたと思います。

でも、それが受け入れられたというよりは
そのころフリーター、家を買うって話題になっていたということと
なんとなく視聴率が高かったというだけだと思うんですけどねぇ^^;

自分はフリーター、家を買うのはじめのときのほうがおもしろかったです。
二宮和也が正社員になったけど、その仕事方針というか
上司が理解不能で会社をやめて、フリーターになり
同期入社した人とばったりあってきまずくなったりして・・・

で、だらだらとした生活をしているときに
母親がうつになり、家を買うためにバイトと面接をがんばる
みたいな感じのときですね。

家族の温かさより、仕事のつらさ、仕事に対する考えみたいなものを
みたかったんですけど、今回のスペシャルは完結・・・
いわゆるハッピーエンドからのハッピーエンドみたいな感じにしないといけないので
まぁしかたなかったかな・・・とは思いますね。

ちょい役だった、ハローワークに勤めている
アンジャッシュの片方の人とかでてきたのはおもしろかったです。
あとは建設現場の人たちは相変わらず勢ぞろいしていました。
二宮和也がバイトで、建設現場のバイトからやめる気満々なのをみて
怒っていた青年も普通にいましたね。
なんかセリフがネコを家で飼えないみたいな一言ぐらいしかなかったような・・・

あとてっぺい君でしたっけ?
その人も、営業の正社員みたいに採用されたらしく
すべてがハッピーエンド!
みたいな感じで、まぁこういうのもいいのではないでしょうか。
レギュラー放送ではちょっとかわいそうな感じでしたからねぇ。

ただ、視聴者が満足できたのかどうかは不明ですし
レギュラー放送していたときの放送を見ていない人も
このスペシャルをはじめてみた人もいたと思うので
そういう人にとっては意味不明なところもあったのではないでしょうか。

うーん、やっぱり
浅野温子に30代ぐらいの役(?)
を一瞬とはいえやらせたというのがびっくりしました。
かつらかぶって、あんなのでいいのかな。
あれ、浅野温子だよね!?もしかして、似ているそっくりさんなのかな!?
[ 2011/10/05 00:40 ] フリーター、家を買う感想 | トラックバック(-) | コメント(-)