ホーム > ドン★キホーテ > ドン★キホーテ6話「カメラマン初体験」感想 急にカメラマンになるとんでも展開

ドン★キホーテ6話「カメラマン初体験」感想 急にカメラマンになるとんでも展開

ドン★キホーテの展開がなんでもありですごいと思います。
急にカメラ撮影をすることになり、幸子がカメラアシスタントをしていました。
もう、なにがなんだかわかりません。

松田翔太さんずっと眉間にシワを寄せていますけど
これドラマ終わった後も、痕にならないか心配です。

展開は幸子がメインのストーリーでした。
幸子の母親がきて、再婚したとかいっていました。
もうなにがなんだかわかりません。
新しい家庭を築いて、幸子に悪いことをしたから謝りたいと言っていました。
でも、幸子を引き取るつもりとかはないらしく・・・

???

このお母さんはなにがしたいんでしょうね?


どうやら松田翔太の体はお肉を食べるとじんましんがでるらしく
肉を食べれない体のようですね・・・
変な設定が明らかになって驚きました。

でも、今回のドン★キホーテは結構シリアスというか
1話で登場していたしゅんくんが、お母さんと一緒に帰っていきました。

ミネコさんは幸子に、母親が児童相談所にきたことを伝えていました。
幸子はとまどっていましたね。そして怒っていました。
「そんな母親と会ってもなんの意味もないじゃない」
と言っていました。
そりゃー、違う家庭を作っている母親と会ってもねぇ・・・。
幸子のほうは児童相談所で、母親は新しい家庭とかひどいですよね。

幸子はカメラのSDカードをなくしてしまうんですが
そのSDカードは松田翔太(中身・高橋克実)が
SDカードとか気がつかないで、自分がとったみたいですね。

で、最終的には幸子が別にカメラで撮影していて
その写真でいくみたいな感じになり、幸子は喜んでいました。
そして、来年から定時制の高校にいくといって
それまでは児童相談所にすまわせてくださいとミネコさんに頼んでいました。
そして、お母さんに会いたいといっていました。

ええええ?お母さんに会いたいの?
たしかにお母さんですから、会いたいのかもしれませんが
お母さんは別の家庭をもっているのに・・・

幸子は会いにいったんですが、最終的にはあわずに帰ってきました。
そして、ミネコさんに「ありがとう」といっていました。

なんか今回はシリアス展開だったんですが
来週は再びどたばたのどうでもいいような展開になりそうです。
今回が最終回っぽくしても、なんとなくOKみたいな展開でした。
[ 2011/08/13 21:52 ] ドン★キホーテ | トラックバック(-) | コメント(-)