流れ星6話 「愛と死」放送中感想2 月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > 流れ星感想 > 流れ星6話 「愛と死」放送中感想2

流れ星6話 「愛と死」放送中感想2



現在のところ恋愛要素がほぼ0なんですけど
これから、竹野内豊と上戸彩がくっつくんでしょうか?

でも、ある程度お互いに惹かれている感じはありますよね。
同じ家に住んでいるんですから、むしろ惹かれなかったらおかしいですよね。

お互い、いい人ですし。


そして、稲垣五郎がいまだに一人がんばっているわけです。
違うところで、一番一生懸命なんじゃないかとおもいます。


探偵かなにかやれば、そうとういいところいくとおもいます。
他には警察とかでしょうか・・・

精神的には向いていないでしょうが
そのしつこさだけは超一流ですよね。

というか、いまどきの警官も
そんな立派なものじゃないから、稲垣五郎みたいな感じですよね^^;


そっからは
落語青年がかなり危険な状態になり
いろいろと思い込む北乃きいでした。

そしてどうやら、助からなかったようですね。

まぁ、なんていうんでしょう
こういうことがなくても、普通の手術は受けたいというと思いますけどね。

で、例の落語青年は
携帯動画に落語をとっておいて、それが竹野内豊に渡していて
北乃きいはそれをみて泣いていました。

そりゃー、泣きますよ。


竹野内豊は上戸彩に、思いを話す相手みたいなかんじになっていました。
他にこういうことをいえる人もいないでしょうから
そんな感じから、親密になっていくんでしょうかね。

で、最後は元婚約者が

「私がドナーになる」

といってきました。
上戸彩のおかげで決心できたそうです。

・・・いままでのことはいったいなんだったんだ!?


え?次回からはだれがドナーになるのか
ドナーになる人が沢山いてこまる状態なの!?

え!?え!?
このドラマ、最後の最後でやってくれますからね。
[ 2010/11/22 21:51 ] 流れ星感想 | トラックバック(-) | コメント(-)