ホーム > フリーター、家を買う視聴率 > フリーター、家を買う4話「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」視聴率は17.4%

フリーター、家を買う4話「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」視聴率は17.4%


あいかわらず高い視聴率です。

フリーター、家を買う4話「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」の視聴率は

17.4%

でした。


でも、今回の話はどこかマンネリしていたというか・・・
あまりおもしろくなかったです。

いや、おもしろくなかったというよりは
感想がなかなかでませんでした。

となりのいじめをしているおばさんの息子は

なんだありゃ?

嫌味っぽさが出すぎな上に
いっていることも、よくわかりませんし

二宮和也も実際に弁護士事務所で話をするとか・・・


このフリーター、家を買うは、話題性がありますから
視聴率が落ちることはないと思いますし
今回の4話も、一般の人からしたらおもしろかったでしょうが・・・

どうも1話と比べると、どこか勢いがなくなってきている気がします。


特に、二宮和也が1話ではダメ人間だったのが
この4話では、苦労人となっていたのにどこか違和感を感じた人もいたのではないでしょうか。


面接会場で倒れる二宮和也

ふらふらの状態でも土木のバイトをがんばる二宮和也

母親のめんどうを一生懸命みる二宮和也

酔っ払って弱音をはく二宮和也



二宮和也はバイトでフリーターだといっていますが
給料25万なら、そこらへんの正社員よりもよっぽど稼いでいるでしょう。

たしかに、地方と都会の差
そして、肉体労働という賃金がいいということもあるでしょうが
現在の世の中は、二宮和也が25万をもらっているのなら
うらやましくおもう人は数多いと思います。


そのギャップでしょうか・・・


正社員を目指しているのに
現実の世界では、二宮和也より少ない給料の正社員は数多くいるでしょう。

その二宮和也が、一生懸命正社員になろうとしているのをみると・・・
不景気にぶち当たって働いている人たちはどこか複雑になっているとおもいます。

自分も複雑ですからね・・・


ドラマの設定がどこかおかしいと思います。
となりにすむおばさんの息子が弁護士というのも
どこか違和感があり、そして嫌味そうな感じがすごかったですし・・・

都会を中心にした話なんでしょうが
田舎の設定にしたほうが、よかったんじゃないかな・・・
とおもいますね。

いや、元からリアリティはあまり期待できないドラマだったのかもしれません。
正社員がないという、今の不景気を思い出させる感じがありますが

ドラマの内容は、やや大げさな内容というか
「いまどき、こんな人いないだろ」
と思ってしまう人たちがおおいですよね。

二宮和也の姉・・・井川遥でしたっけ
そこの病院のまわりの人たちのいやみっぷりもさすがにないと思うんですが・・・

なんか嫌味な人と、いい人の差がありすぎる気がします。

[ 2010/11/11 00:22 ] フリーター、家を買う視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)