ホーム > フリーター、家を買う感想 > フリーター、家を買う4話「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」放送中感想2

フリーター、家を買う4話「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」放送中感想2



二宮和也は母親をいじめているおばさんの息子に
ごみが帰ってくることを相談するんですが
その息子が言ったセリフは・・・

「あの人ならやりかねませんね」

といって、なぜ母親のいじめがはじまったのかというと
社宅で家賃が5万を払って住んでいるというのが、ご近所にばれたからでした。

竹中直人が親睦会で酔った勢いで喋ったらしいです。


その現実に、竹中直人はかなり興奮していました。
そして

竹中直人に「家庭を持つ資格はなかったんだよ!」といって
叩かれる二宮和也。

浅野温子はそれでも
「お父さんを責めないで」
といい、竹中直人をかばい、二宮和也は複雑になります。


うーん、これは・・・
二宮和也も自立ですね・・・

給料25万なら、普通に一人暮らししてもお金が残りますが
やっぱり、現在はしっかり物になりましたから
母親を見捨てることはできないんでしょうね・・・

・・・いつのまに、ここまでしっかりものになったんだか。


2次面接にいくときになって
母親から「薬がないの・・・」と電話が

そして、「待ってて」と母親に言って面接にいくのですが
途中で母親のことが気になり、電話をかけても電話にでなく不安がピークに・・・

これ、BGMがあまりにも不安をあおるようなのかけすぎでしょう・・・
そして、面接会場からでていく二宮和也・・・


4話で就職決まってしまうと、こんご大変ですしね。


二宮和也は家に帰っても母親がいなく
さがしまわり、それでもいなく家でうなだれるていると

そこに母親が帰ってきて
「買い物いってたの」
といって普通に帰ってきました。


二宮和也は
「うんざりだよ」
といって、バイトのカラオケで楽しんでいました。

そして、「お袋うつなんです」とそこでいって
みんなが深刻な顔になっていました。

なにこれ・・・
場違いな人みたいな感じに・・・

そこで
「お袋の面倒見るの、もう無理ですわ・・・」
といって泣き出していました。

そして
「お袋がいなくなったら、俺はほっとするとおもう」
といって、周りの人みんなが深刻な顔に・・・


なにこのドラマ・・・
感想がかけません。


ただのあらすじみたいなことしかかけませんよ。


家に帰ってきた二宮和也は
母親に

「かあさん、ハンドクリーム塗ろ」

といって、いつもどおり
母親の面倒をみていました。


えー、このドラマ
感想がかけませんね。


みんな、ツイッターでどんなことつぶやいているんだろ・・・


「がんばれ!」

ぐらいしか思い浮かびません・・・
[ 2010/11/09 21:51 ] フリーター、家を買う感想 | トラックバック(-) | コメント(-)