夏の恋は虹色に輝く 7話「涙のバースデー」放送中2 月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > 夏の恋は虹色に輝く感想 > 夏の恋は虹色に輝く 7話「涙のバースデー」放送中2

夏の恋は虹色に輝く 7話「涙のバースデー」放送中2



楠大雅(松本潤)と母親が一緒にでていた放送がながれていて
北村詩織と関係ある人(?)がテレビを見ていました。

最近あんまり見ていないので、だれがだれだか
わかんないという体たらくです・・・
すいません。

子供の空くんは、親が来てがっかりした顔をしていましたが
「いくよ」
といって、海は笑顔になっていました。

というか、子供たちの間でも
恋愛が繰り広げられていますね。


で、大貴の野郎ですよ。
「詩織さん、なんかあった?
フェロモンがなぁ・・・

ここでもフェロモンの話をするのか・・・
楠大雅(松本潤)は普通に話を聞いていましたから
大貴がフェロモンを読み取れるのを普通にしっているんでしょうね。


そして、宮瀬桜(桐谷美玲)が新聞をもってきて
楠大雅(松本潤)が評判になっている記事をおしえてくれて
楠大雅(松本潤)はその新聞をみて、涙ぐんでいました。

宮瀬桜(桐谷美玲)はそのあと楠大雅(松本潤)にキスをして
「写真週刊誌いたらどうするんだ」
とかいうんですが

それ以上にみられたくない
北村詩織にキスされたところをみられてしまいます。

そして、そのあと楠大雅(松本潤)が北村詩織を追いかけて
弁解(?)するんですが
北村詩織は自分にそんなこという必要ない
みたいな感じで、怒っていました。


そして、私の中では
「恋する時期はもうおわったの」
と言い放ちます。

そして、楠大雅(松本潤)は海の誕生日をみんなで祝いたい
というのですが、北村詩織は小学校のお友達と
お祝いするといって断ります。


ここで、半分おわりですね。
[ 2010/08/30 21:30 ] 夏の恋は虹色に輝く感想 | トラックバック(-) | コメント(-)