ホーム > 夏の恋は虹色に輝く感想 > 夏の恋は虹色に輝く 5話 「行かないで…」 放送中2

夏の恋は虹色に輝く 5話 「行かないで…」 放送中2



楠大雅(松本潤)は仕事をもらおうと事務所に頼むんですが
いまは少しまてといわれます。

やはり二世俳優ということで、スタッフがわもそれなりの役をあたえないと
いろいろおもうところがあるようですね。

で、そっから楠大雅(松本潤)は宮瀬桜 (桐谷美玲)に
演技の練習をつきあってもらうんですが
なんか宮瀬桜的には結構いい雰囲気になって
楠大雅(松本潤)を突き飛ばしていました。


そして、楽屋で台本を読んでいて
楠大雅(松本潤)のことを思い出していました。


なにこれ

ツンデレきたー!!キタ――(゚∀゚)――!!


そして、北村詩織が夫の実家(ふるさと?)に帰ったというのをきいて
はしりだす楠大雅(松本潤)。

こうやって、走っているときは絵になるんですけどね。
演技はうまいんですけど、ドラマの中では演技を下手に演技しているんでしょうね。

それってある意味すごく難しいと思いますけどね。
それで、下手な演技の癖ついたらどうするんだろ。


そして、北村詩織にみつかって、呼び止められる
楠大雅(松本潤)・・・

そして

「もどってくれ、もどってくるんだよね?」

といっていました。


やっぱり、男は女にほれるんじゃなくて
ほれさせるものなんですね!

北村詩織もそうとうきていますよ、これ・・・
そりゃー、いきなり走ってこられるとかびっくりしますよね。

「電話で変なこといってたし
このままいなくなったらどうしようとおもって・・・」

とか、これは北村詩織の心をそうとううったでしょうね。


「わたしかえってくる!
かえってくるね」



と笑顔で言っていました。


そして、北村詩織はバスにのって
バスから楠大雅(松本潤)をみていましたとさ・・・


楠大雅(松本潤)のモテ期がきましたね。
[ 2010/08/16 21:51 ] 夏の恋は虹色に輝く感想 | トラックバック(-) | コメント(-)