月の恋人 1話「おまえが欲しい」感想 月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > 月の恋人感想 > 月の恋人 1話「おまえが欲しい」感想

月の恋人 1話「おまえが欲しい」感想



そんな感じで月の恋人の1話の録画をみながら感想を書くんですけど
あ、公式サイトの1話ストーリーはこちらです。

月の恋人 1話 おまえが欲しい ストーリー


いきなりおもしろかったのは・・・

川平 慈英みたいな人がいて笑いましたw

なんか自宅で待機とかいわれて、怒っていましたけど
また登場することあるんでしょうかね・・・



で、葉月蓮介(木村拓哉)とリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)が出会ったんですけど
リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の日本語の先生のじいさんがおもしろいというか

葉月蓮介(木村拓哉)に
「きさま、きさま」
といっておもしろいですw


中国語をおしえているじいさん少し映りましたけど
ほんとコテコテの感じというか・・・

まぁ、昔の暗い歴史がありますから
そのときに日本に厳しい思いをさせられたおじいさんだったのかもしれませんね。



そして、なんか
大貫柚月(北川景子)と葉月蓮介(木村拓哉)が寝たという噂を聞いて
「ほんとに寝たの?」
とかモデル仲間に聞かれての大貫柚月(北川景子)の答えが

「超放置プレイ
指一本ふれられず、一人でゆっくり寝かせてもらいました」

キムタク社長・・・
なんかむかつくんですけど、どこか好感もてますw


今回の放送では、大貫柚月(北川景子)は
葉月蓮介(木村拓哉)からまったく相手にされていませんでしたね。


葉月蓮介(木村拓哉)がリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の家に乗り込むというか
リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の家のドアをどんどん叩くんですけど
それをみていた、リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の日本語の先生の爺さんが
葉月蓮介(木村拓哉)をじっとみていて・・・


中国人の爺さんvs葉月蓮介(木村拓哉)


で戦争でもおきるかとおもいました。



そのあとは

大貫柚月(北川景子)がパンダの着ぐるみ来てチラシを配ったり

大貫柚月(北川景子)がリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の
モデルの練習風景をみて大笑いしたり

大貫柚月(北川景子)がいい味だしすぎですから!



その後はリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)が
4つのコインを見せられて、アメンボだとわかり
それによって、デザインみたいなものも決まり
なんかすべてがうまくいっているみたいな感じですよね。


そのあとはもうコテコテで
リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の母親とかを連れ去った人たちと
キムタク社長が通じていたことをしり
リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)は逃げ出すんですけど


葉月蓮介(木村拓哉)が一番初めに、シュウメイを見つけて
抱きしめて

「おまえが欲しい」

ですよね・・・w



そんな感じでうまくまとまって
最後は

「シュウメイ」コール

で終わりました。



リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)が色っぽすぎで
ちょっと子供たちには見せたくない映像だった気がしますw


そんな感じで2話が楽しみです!

[ 2010/05/11 22:42 ] 月の恋人感想 | トラックバック(-) | コメント(-)