月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > アーカイブ - 2016年06月

ラヴソング最終回の視聴率は9.3%!意味がわからなかった

ラヴソング最終回の視聴率は9.3%でした。

ちょっとこのとき、家でばたばたしていて、テレビをつけていたんですが意味がわからなかったです。
ヒロインは手術をしたと思うんですけど、最後は歌っていました。


もうなにがなんだかわからないです。
ネタバレサイトを見にいっても、よくわからなかったです。

とにかくスピーディーに終わったというのはわかりました。


あるいみすごいですよ。
ドラマブログが内容がよくわからなくて、ネタバレを見たのに、それでもよく意味がわからないという。


どうやら手術をして2年経過して、普通に歌えるようになったみたいですね。
いや、よくわからないのですが

おまえらのゴールはどこにあるの?

吃音を治したかったの?
恋愛をしたかったの?
歌いたかったの?

どこがゴールなのかよくわかりませんでした。
そもそもヒロインは別に歌は好きではなく
吃音改善のために歌っていた気がするんですけど。

昔から歌好きだったのかな?


歌でちやほやされたから、歌好きになったのかな?
ラヴソングは視聴率がどうこうよりも、ドラマをもっと興味を持たせないと。

たしかに最近はつまらないものもありますけど
月9というのはそれなりにおもしろくないといけないと思うんです。


でもラヴソングほど、先が気にならない月9もびっくりでした。
ラヴソングやっているのに、他局のテレビ見ていたときもあったからなぁ。

そして
「あ、やべ、ラヴソングやってる」
と思って、ラヴソングをつけながらネットサーフィンしていたときもありました。

だからわからなかったのかなぁ。


よく子供の頃、大人のみているドラマの意味がわからなかったですけど。
まさかこの年齢にして、なにやっているのかよくわからないドラマに出会うとは思いませんでした。

いや、まずはゴールを設定すべきだったと思います。
恋愛&歌だったのだと思いますけど。

吃音っていらなくね?
吃音設定いらなかったと思います。
というか終盤は吃音がどーでもいい感じになっていたでしょ。
[ 2016/06/25 01:22 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

月9「ラヴソング」7話の視聴率は6.8%!8話の視聴率は7.4% 9話は福山雅治の牛丼屋のシーンがおもしろかった

月9「ラヴソング」7話の視聴率は

6.8%

8話の視聴率は

7.4%

でした。
まぁこんなものだと思います。

なんか思うんですけど、この時間帯、別の番組がおもしろくないか?
テレビ東京系の、外国にいる日本人の番組が結構おもしろくて、今回ちょっと途中までそっちをみてしまいました。




ラブソング9話感想!牛丼屋のシーンがおもしろかった

ラヴソング9話は結構おもしろかったです。
ヒロインが牛丼屋で待っているところに、入ってくる福山雅治。


その福山雅治は店員を無視して、藤原さくらと話すのですが、牛丼屋の店員がずっと待機していて
「ご注文はなににします?」
みたいなことを、ちょくちょく行ってくるんです。

それでも福山雅治は店員を無視して、藤原さくらと会話します。


でも店員もじっと耐えて、会話がひとくぎりついたところで毎回
「ご注文はどうします?」
みたいなことを言ってくるんです。

でもとことん無視の福山雅治。


そしてやっと藤原さくらとの話が終わって、店員に注文する福山雅治
なにいってんのかわからない牛丼を注文していました。
「牛丼大盛りつゆだくネギ抜き」
とかではなく、なんか

「中ひやひや、ひょいとすたこらさっさで中ぱっぱ」

みたいな感じのことを言っていました。

いや覚え切れませんでした。
当然録画もしていませんでした。


その牛丼の注文をしたところだけ、福山雅治が格好よかったです。

いいじゃん!
いいオヤジですね。
似合っていました。

ギターを引き鳴らすより、よっぽど牛丼屋でこだわりの注文しているほうが似合っていますよ。
[ 2016/06/06 22:23 ] ラヴソング | トラックバック(-) | コメント(-)