月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > アーカイブ - 2014年06月

極悪がんぼ最終回の視聴率は10.3%!事件屋は仲里依紗さえいればどうにかなる

極悪がんぼ最終回の視聴率は

10.3%

でした。
10話がおもしろかったのと、最終回効果でしょうか。

10話は面白くて、最終回に期待していましたが
最終回はつまらなかったので、ちょうどいいところで終わったと思います。

極悪がんぼはあたりはずれの大きいドラマでした。
あたり2:ハズレ8ぐらいでしょうか。

あたりは3話の要潤の最低男が登場した回。
7話の金髪三浦の友人が追い詰められた回(8話の後半はハズレ)。
そして10話の主人公vs金髪三浦の回。
この3つはあたり回だったので、この3つだけみれば
「極悪がんぼおもしれー!」となったでしょうが
それ以外の極悪がんぼを見たら
「なにこれ?」
と時間の無駄を嘆くぐらいのハズレだったような。

まぁ椎名きっぺい回のvs警察のやつもなんとかみれるぐらいかな。
一番ひどかったのは、片岡鶴太郎が登場した9話ですね。
そりゃ9話のあのひどい内容を放送すれば
10話の視聴率が低くなるのも納得ですよ。

そんな感じで極悪がんぼはハズレドラマとして終わりましたけど
しょうがなかったと思います。
登場人物も、見た目は癖があるんだけど
存在感があったのは金髪三浦ぐらいで
主人公さえも、あまり癖がない流されて生きていたところを感じましたから。

というか金髪三浦(金子)1人でこのドラマを動かしていたような。
他の人物は金髪三浦におんぶにだっこすぎでしょ。
所長と椎名きっぺいは別だとしても
他の事件屋の小者っぷりはやばかったですね。

しかも仲里依紗の1人の力で現状を打開するという展開が多すぎますよ。
むしろ仲里依紗1人いれば、他の事件屋はいらないような気がします。
金髪三浦さえも、最終的には仲里依紗頼みな展開が多かったような^^;
[ 2014/06/26 00:18 ] 極悪がんぼ視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)

極悪がんぼ最終回感想!事件屋は仲間ではないだろ

極悪がんぼ最終回の感想です。

てっきり最終回は事件屋の面々がそれぞれ
事件屋の所長側につくのか、警察側=政治家側につくのか
そこが見所だと思ったのですが
最終的には、みんな事件屋側で仲良しこよしで終わりました。

えええええええ?
かなりつまらなかったです。


警察側も、実際は事件屋側だったそうで
政治家のあくどいのを知るために、事件屋をマークしていたということで
元から事件屋はそこまでやばいわけでもありませんでした。

そもそも前回のオダギリジョーが謎ですよね。
椎名きっぺいに「こっちの味方になってください!」みたいな感じで
事件屋から乗り換えろみたいなことを言っていましたが
実際事件屋を狙っているわけでもなかったわけで
思わせぶりなセリフとかおかしかったような。

それで椎名きっぺいが事件屋から警察側に乗り換えていたら
どうなっていたんでしょうかね。

ということで、極悪がんぼは終わりましたが
やっぱり事件屋内で対立したときがおもしろかったですね。

主人公vs金髪三浦(金子)をもっとすればよかったのに

基本「事件屋vs他のあくどい人たち」みたいな感じで
常に事件屋側が勝利していたのでつまらなかったです。

でも主人公vs事件屋の面々となれば、もっとおもしろかったと思います。
極悪がんぼは主人公の特徴があまりでていなかったように感じます。

次回の月9はヒーローということでキムタクの検事が帰ってくるわけですが
もう飽きられている感があるような…。
もう3シリーズ目ぐらいでしょ?
松たか子はでるんでしょうかね?予告を見る限りはいませんでしたけど。

極悪がんぼで月9の視聴率はかなり落ちましたから
フジテレビとしてもヒーローで盛り返したいのだと思いますが
どうだろ…。

自分としても、当時はヒーローを楽しくみていましたけど
今となっては、「いまさら!?」ってところがあります。
「ヨロシコ」とかいまだに言っているようですし。
[ 2014/06/23 22:18 ] 極悪がんぼ感想 | トラックバック(-) | コメント(-)