月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > アーカイブ - 2012年06月

鍵のかかった部屋最終回「硝子のハンマー」の視聴率は17.5%!榎本については謎を残したまま終了

鍵のかかった部屋最終回「硝子のハンマー」の視聴率は

17.5%

でした。
うーん。前回よりはあがりましたけど
だいたい15%~16%の視聴率をキープしていたことを考えると
ちょっと物足りないかな。

最終回の1個前に13.8%という低い視聴率をだしましたから
それから比べると大幅アップなんですけどねぇ。

鍵のかかった部屋は推理ドラマということもあってか
視聴率は安定していました。
放送が始まる前から、注目度1位のドラマとして話題でしたしね。

視聴率的には最近の月9にしてはかなり高視聴率でしたが
そこまでブーム的になるわけでもなく
最後までなんとなく視聴率が高いドラマといったところで終わってしまいました。

ドラマ内容としては、初回や2話ぐらいはまぁ
そこそこみれたんですけど
3話目から7話目ぐらいまでマンネリだったかなぁ。
8話目からよくわかりませんが、コメディ的なところが増えてきて
みていてニヤリとしてしまう展開とかあって
なかなかおもしろくなりましたけど・・・
「硝子のハンマー」の2話は再びマンネリだったかな。

この鍵のかかった部屋って最後まで大野智こと榎本の素性がはっきりしなく
それなら、途中で榎本の変なこだわりみたいなものをみせる必要はなかった気がします。
例をだすと、2話では被害者の身内の女性に
「人の評価なんてあてにならないから」みたいなことをいったり
9話では被害者の娘さんが榎本に手を伸ばして
それを榎本がとまどいながら手をとったシーンなんかは
最終的に榎本の過去があきらかになることによって
そんな行動をとった理由がわかるとおもったんですが・・・。

大野智こと榎本は謎が多くありそうなキャラで
それが最終的にはあきらかになると思ったんですが
普通に謎のまま終わりました。
しかも、最後は1億円を持って海外へ逃げたのかな?
警察の宇梶剛士が他の窃盗事件と榎本との関係をにらんでいて
それを佐藤浩市にも教えていましたから
佐藤浩市も最終的には榎本に疑念を抱くようになったのではないでしょうか。
まぁ佐藤浩市はそれを知ったのが、最終回で
それも半分以上過ぎたところで知ったので
とくに変わりなく大野智と接していましたけどね。


うーん今回の「硝子のハンマー」の謎も視聴者を置いていって
ドラマの中の人だけで解決してしまったようなイメージがあります。
介護ロボットを利用した殺人とかいっても
介護ロボット自体、視聴者のなじみは薄いというか
実際介護ロボットとか、まだリアルではないんでしょ!?
そういう点では介護ロボットを利用して殺人どうのこうのは
ちょっといまいちだったかなぁ。
いや、推理ドラマというのはたびたび視聴者を置いて
ドラマの人物だけで、サクサクすすめていってしまうことが多いですからね。
しかたないことといえば仕方ないんでしょうけど。


全体的な鍵のかかった部屋の感想としては

良くできていた

と思います。
佐藤浩市がいい味をだしていました。
お調子者だけというわけではなく、やるときはやるって感じが
視聴者からは好感を得られたのではないでしょうか。

戸田恵梨香は、正義感の強い回と、正義感とかあまり感じられない回があり
ちょっとムラがあったかな・・・。
大野智の鍵部屋で、大福とか食べたり、世間話に興じていたりするときもあって
初回は正義感に燃えていたのに、だんだんゆるーいキャラになっていました。

大野智の榎本というキャラは、謎が多すぎて
最後まで謎に満ちたまま終わってしまいました。
最終回では社長との関係の一件が宇梶剛士の口からあきらかになりました。

大野智は「硝子のハンマー」の被害者となった社長に
昔泥棒として疑われて、それから会社の人と交流が少なくなって
鍵部屋にこもるようになったらしいですから
大野智は気にしていないといいつつも
実際はそれが影響であんな性格になったのかもしれません。

榎本についてはいろいろと謎を残したまま終わったドラマでしたが
最終回の視聴率17.5%をみると、2期の製作はややきびしいかな…。
終わり方も、佐藤浩市と戸田恵梨香からちょっと疑われての終わり方だったので
大野智が再び登場してきても、戸田恵梨香と佐藤浩市の2人ははずされるかもしれません。
でも、それだと原作と違ってきちゃう可能性があるしなぁ・・・。

最終回の視聴率が20%ぐらいいっていれば
2期もあったかもしれませんけど、現状では2期はないと思ったほうがいいかもしれませんね。




6月25日感想2


人生を語る3




【鍵のかかった部屋関連商品はこちら】
鍵のかかった部屋




いやー、自分はただパソコンで感想を書きつつ
鍵のかかった部屋をみていたから
ちょくちょくなにがなんだかわからなかったのかもしれませんが
推理内容よりも、どちらかというと

容疑者の動機

みたいなものがメインになっていたこともありましたよね。
鍵のかかった部屋5話の野球の顧問の1件は
どう考えても、結婚直前で結婚をやめることにした女性が悪いと思いますけどねぇ。

あと、女性の容疑者って男性の容疑者より怖かったです。
白石美帆といい、8話の犯人・・・MEGUMIだったのかな?
いや、ドラマのキャラ的には一番こわかったのは
9話の鉄砲をつきつけてきた哀川翔なんでしょうけど
なんか鉄砲の怖さと、人の怖さって違うじゃないですか!

やっぱりどちらかというと、3人の絡みと
犯人の動機がおもしろい回のほうが
自分的にはおもしろかったかなぁ。
[ 2012/06/26 21:03 ] 鍵のかかった部屋視聴率 | トラックバック(-) | コメント(-)

鍵のかかった部屋最終回「硝子のハンマー」感想!榎本(大野智)の正体は?

鍵のかかった部屋最終回
「硝子のハンマー」
の感想です。

今回が最終回です。
今回の鍵のかかった部屋は前回の続きということで
はじめは前回のあらすじからはじまりました。

そしてそのあらすじが終わった瞬間に
大野智は警察から釈放されていました
はやすぎだろー!

こまけぇこたぁいいんだよ

警察に捕まって、今回どうなることになるのかと思っていたら
はじまって10分ほどで釈放されていました。
あらすじに5分ぐらい使っていたから、実際のところは
5分もたたずに釈放されたことになります。

宇梶剛士は前回あんなにイヤミったらしく迫ったのに
案外簡単に大野智を釈放したんですね・・・。

今回は窓拭きの玉木宏に迫っていく内容でした。
佐藤浩市は宇梶剛士と対決していました。
この佐藤浩市vs宇梶剛士の関係もクライマックスですね。

どうやら宇梶剛士は大野智が他のいろいろな事件で
ちょっとした関連があるということを調べ上げていました。
たしかに今回の事件は大野智は無関係だったとしても
大野智の過去まではどうなのかはわかりませんからねぇ。
佐藤浩市もそれを聞いて渋い顔をしていました。

戸田恵梨香は玉木宏の経歴を探っていました。
どうやら玉木宏は昔引きこもりだったみたいですね。
イケメンの引きこもり・・・かと思ったら
顔が違ったというか、名前が違っていました。
佐藤学という名前ではなくて、椎名明という名前の人が例の窓拭きの人でした。

今回は佐藤浩市が
「わかったよ。介護ロボを使ってどうやって殺害したのか!」
とひらめいたことをいって、大野智が
「おみごとです」
といって、どうやら佐藤浩市が密室の謎をやぶった(?)みたいでした。
今回は密室の謎とかではなくて、もう玉木宏がどうなるのかが
注目みたいな感じになっていますから
密室の謎は佐藤浩市が解いて
玉木宏の一件は大野智が解決ってする感じなのかな。
そんなことを思っていたら、どうも違ったみたいです。
佐藤浩市の推理は間違っていたみたいです。
大野智が「おみごとです」とかいったから悪い!
結局佐藤浩市は3枚目でした。

でもその報告を聞いた大野智はなにかを勘付いたようでした。
えー!?佐藤浩市がいい当て馬に・・・。
まさか大野智はこのことがわかっていてあんなことをいったのかな。

計画通り

うーん、でも戸田恵梨香から違ったという報告を受けた大野智は
ちょっとびっくりしていたから、佐藤浩市の推理で密室の謎は破れたと
本気でおもったんでしょうねぇ。そこまで性格が悪そうにもみえませんし。

大野智はついに9時55分に
「密室は破れました」
といっていました。
そして初回と同じく
「それは明日お教えします」
と言っていました。
放送時間延長のときは、その瞬間に教えないで引き伸ばしますねぇ。

玉木宏はイケメンですねぇ。
大野智に追い詰められて玉木宏のイケメン度が増しているというか
必死な顔になって、イケメン化していました。

今回はどうやら密室の謎はみんなに教えたりしないで
大野智と玉木宏の2人だけで処理したのかな?
玉木宏は自首してきたと宇梶剛士は言っていました。

???
最後のほうCM多すぎでしょ!
こんなことするのなら、放送時間延長とかしなければいいのに!

どうにかしろ

最後は大野智から戸田恵梨香の携帯に電話がかかってきて
どうやら大野智は空港にいて、臨時収入が入ったといって
大野智はどこにいくか、いつ帰ってくるのかも
「さぁ?」
としかいいませんでした。
最後は大野智がにやついて終わりでした。
この終わり方は2期はないかなぁ。




6月25日感想



くびしめ




【鍵のかかった部屋関連商品一覧はこちら】
鍵のかかった部屋




結局大野智はやっぱり泥棒だったんでしょうかね?
宇梶剛士は他の窃盗事件の共通点に大野智がうつっていたというのを
最後の宝石の一部が偽造品だったということ
そして大野智が言った臨時収入と、あの笑みを考えると
やっぱり大野智は泥棒だったと考えるのが妥当なんでしょうね。

いや、小説のほうではほぼ泥棒という線になっているみたいなので
詳しく知りたい人は小説のほうを読んでちょうだい!
ってことなのでしょう。

鍵のかかった部屋はどうだろ・・・。
良くできていたと思いますよ。
推理ドラマという鉄板ともいえるものでしたから
視聴率は安定していましたし、佐藤浩市のキャラも良かったと思います。

第2期もあるかとおもいましたけど
今回の最後の終わり方をみていると・・・どうだろ。
大野智への疑惑みたいなものが最後にでましたけど
第2期はそれらをなくした状態で、普通にはじまる可能性もなきにしもあらずかな。
まぁ第2期があるのかどうかは、今回の最終回の視聴率しだいかなぁ。
いまのところは鍵のかかった部屋の2期はないって線が妥当でしょうね。
[ 2012/06/25 22:35 ] 鍵のかかった部屋感想 | トラックバック(-) | コメント(-)