月9ドラマレビューと視聴率

今放送中のドラマ・その出演者について書いていきます

ホーム > アーカイブ - 2010年05月

月の恋人 4話 『こんなに好きだったんだ…』放送中



4話はじまったんですけど
すごいスピードで話が進んでいきます。

蔡風見(松田翔太)が二宮真絵美(篠原涼子)によく接触していますけど
蔡風見(松田翔太)は二宮真絵美(篠原涼子)狙いなんでしょうか・・・

なんか多くの人にいい顔というか
「オレじゃダメなのか?」
みたいな感じでよくわかりません。


というか、話の展開が早いです。
まだ10分ちょっとしか経過していないのに
公式サイトで書いていた予告がおわりました。


それにしても・・・
二宮真絵美(篠原涼子)ってどうみても

恋愛するというよりは、相談役

な気がします。


そもそも葉月蓮介(木村拓哉)って、
性格的にそんな惚れられるタイプでもないと思います。

だって、そりゃー本心はわかりませんけど
基本つめたいというか、仕事第一主義みたいな感じじゃないですか


あんな感じで女性からはモテモテだったら・・・

ほんとうにリアルの社長

みたいな感じになってしまうとおもいます。



性格悪いけど、お金があるからモテる
みたいな感じとでもいえばいいでしょうか・・・



そもそも、リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)に対しても
お母さんの面倒見るとか
お父さんの面倒見るとか

結局はお金があるからできたというか

どっちも裏があったわけなんですけど
結局はお金の力みたいな感じもしないでもないですよね・・・


というか、葉月蓮介(木村拓哉)はちょっと厳しいですけど
ほかの人というか、二宮真絵美(篠原涼子)とかは
リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)にやさしすぎというか

リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)って仕事さぼっているんだから
もっと怒っていいと思うんですけどw



にしても、リン・チーリンの顔がでかいとかいう話題があがっていましたけど
顔じゃなくて、身長が高いと思います
全体的に大きい感じがしますね。




で、マストポールにポスターをまねされて
構図が似たようなポスターを先にだされたわけですよねw


うーん、葉月蓮介(木村拓哉)もちょっときびしそうな顔するんですけど
葉月蓮介(木村拓哉)って仕事はやり手な感じしますけど
ハプニングにはあまり強くないのかもしれませんね。

二宮真絵美(篠原涼子)に違うテーマの撮影をしてくれって
たのむというか、命令していましたけど
ハプニングに弱いのは、いつもの木村拓哉の役とは逆かなぁ
っておもいます。


基本、いつもの木村拓哉だったら
逆境につよい役が多かったと思います。

ピンチがチャンスみたいな感じで
スカッとするような感じでしたけど
このキムタク社長は、ピンチに弱いというか
ピンチになって、ほかの人に元気付けてもらう
そんな役なのかもしれませんね。


にしても・・・

めぐまれてるなぁ

いや、基本多くの人に嫌われているんですけど
二宮真絵美(篠原涼子)からは信頼が厚いようですね。

リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)も葉月蓮介(木村拓哉)には元気になってほしい
みたいな感じで、やっぱり好かれていますからねぇ・・・


うーん、ヒロインからは好かれるみたいですねw
贅沢なやつですね。

蔡風見(松田翔太)からしてみれば
オレが狙っているやつ全員、葉月蓮介(木村拓哉)のこと好きなのか
なんて感じになっているかもしれませんね。


いや、むしろ蔡風見(松田翔太)って
葉月蓮介(木村拓哉)のことを好きそうな女性に
ちょっかいをかけているのかもしれません。


うーん、そっからはなんかご都合主義ですよ・・・

リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の撮影が大成功

で、柚月(北川景子)は不満顔ですし
大貫照源(長塚京三)と嶺岡康之(川平慈英)は複雑そうな顔w


なんか特にすごいアイデアをひらめいたとかもなかったんですけど
普通に大成功というか・・・

いいの!?


こりゃあ、中国の工場とかも大丈夫でしょうね。
不満爆発しても、最終的には丸くおさまるんでしょ!?


話の展開的には

葉月蓮介(木村拓哉)とリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の関係は進展しているようですけど

葉月蓮介(木村拓哉)と二宮真絵美(篠原涼子)は進展しないというか

もどかしい!


なんとなくおもうんですけど
葉月蓮介(木村拓哉)と二宮真絵美(篠原涼子)って最終的にくっつきそうというか…

今は葉月蓮介(木村拓哉)とリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の仲が進展していますけど
二宮真絵美(篠原涼子)が葉月蓮介(木村拓哉)にアタックすれば
一発でくっつくような気がしないでもないというか・・・


どう考えても葉月蓮介(木村拓哉)は受身役な感じですよね。
柚月(北川景子)は葉月蓮介(木村拓哉)にアタックしていますけど
相手にされないから、もうほぼその線はないとおもいますけど
二宮真絵美(篠原涼子)が葉月蓮介(木村拓哉)にアタックしたら
葉月蓮介(木村拓哉)が誰を選ぶかと考えたら・・・


で、最後は蔡風見(松田翔太)が二宮真絵美(篠原涼子)に急接近しておわりました。

葉月蓮介(木村拓哉)はリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)をだっこしていましたけど
リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の身長高いから、なんか絵にならなかったというか
キムタクどうみてもつらそうでしたw



4話終了です!
[ 2010/05/31 21:52 ] 月の恋人感想 | トラックバック(-) | コメント(-)

月の恋人 4話 『こんなに好きだったんだ…』予告



公式サイトに4話の予告がでていました。

月の恋人公式サイト 予告

さっそくみていきましょう!




葉月蓮介(木村拓哉)と蔡風見(松田翔太)は『レゴリス』社員に新しい製品開発プラン“恋するレゴリス”を発表。このプランの実行にあたっては、徹底した経費削減のために、古くからの取引先を変えることも辞さないと告げる。意を唱える者もいるのだが、蓮介は情に動かされては経営など出来ないと冷徹に切り捨てた。



うーん、たぶん最終的には非常な決断が
自分自身を苦しめることになるんでしょうね。

じゃないとおもしろくならないとおもいますからw
葉月蓮介(木村拓哉)が順風満帆じゃ視聴者も引き込まれないと思いますしね。





しかし、新プランは思わぬところで頓挫しようとしていた。イメージキャラクターのリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)がポスター撮影に出てこないのだ。二宮真絵美(篠原涼子)から事情を聞いた蓮介は、シュウメイが現場に来ないのなら代役を立てろと言い放つ。




うーん、たしかな理由がわからないのでこういったらなんなんですけど・・・
リュウ・シュウメイ(リン・チーリン)って簡単にすねすぎる
とおもいます。

仕事なんだから、

ポスター撮影に出てこない

とかなめきっているような気がします。


エリカ様じゃあるまいし・・・w





そんな蓮介に社員の嶺岡康之(川平慈英)が辞表を提出。蓮介と守秘義務契約を交わさなかった嶺岡は『マストポール』社長の大貫照源(長塚京三)と通じていたのだ。その動きを知っていた柚月(北川景子)は、蓮介に忠告しようとするが無視されてしまう。蓮介の心がどうしても自分に向かないと怒った柚月は、照源に『マストポール』のモデルになると告げた。




嶺岡康之(川平慈英)って、まだ辞めてなかったんですね。
どう考えても、悪役ですよね。嶺岡康之(川平慈英)ってw

そういう役がいないと
葉月蓮介(木村拓哉)が本当に悪役になってしまいますしね・・・

主人公が悪役とかないとおもいますからw




『レゴリス』のプランを先取りしようと暗躍する照源。仕事に出てこないシュウメイを説得しようとする真絵美。そして、蓮介は…。




そろそろ恋愛ドラマになるんでしょうかね!?




そんな感じです。

4話の放送まであと少しなので期待しましょう。


視聴率は17、8%ではないかと予想します。
[ 2010/05/30 22:22 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)